辛くて苦しい人生の辞め方

人生を変えたい

こんにちは、早川です。

今日は、「今の人生が辛くて苦しい」と感じているバンドマンやミュージシャンが、じゃあ今後いかにして楽しく生きていくか、についてお話してみます。

音楽だけではなく、芸術やスポーツを続けてきた人、サラリーマン人生がツラくなってきた人にもこの悩みで共通する部分はたくさんあります。参考になればうれしいです。


「あーもうツラい!」

「あ~なんだか朝から憂鬱な気分だ、、、」

「なんか最近ずっと心がドヨーンてしてるな、、」


なぜだかわからないけど、漠然とした憂鬱だったり、もうなにもかもツラい、みたいな状況になった時、じゃあどうしたらそれを解決できるのか。

秘訣があります。ザックリとお伝えすると、次のようなステップになります。

まずは「解決する」と決めること。

次に、「ツラさや苦しさをもっと具体的に」していくこと。

そして具体的になったら、それを捨てること。

「つらい!苦しい!」を辞めたいということは「楽しい!充実してる!」になりたいということなのだから、じゃあ「楽しい!充実してる!」とは具体的にどんな状態か想像してみること。

最後に、想像できたらそこに向かって進みだすこと。

「負のスパイラル」みたいな状態に入ってしまった時って、「負」なことばかり気になってしまって、「負」なことばかり考えてしまったりする。

「負」に集中しているので、ある意味自分で「負」を引き寄せてしまっている状態。

例えばこんな感じです。

ちょっと想像してみてください。

あなたは今、くら~い顔して、イライラしながら都会の人ごみの中を歩いています。

イライラして下を見て歩いていたので、前から歩いてきた「怖いあんちゃん」にぶつかります。

くら~いイライラした状態なので、あなたはそのまま何ごともなかったかのように歩き続けます。

「おいそこのてめぇ!ちょっと止まれや!」

あなたはあんちゃんにぶん殴られます。

「あー、またイヤなことが起こった!」

「なんで自分が殴られなきゃいけないんだ!!」


そう。

ちゃんと普通に歩いていればぶつかるのを避けられたし、どっからどう見てもおっかないあんちゃんとぶつかったら、普通はとりあえず謝ります。

でも完全に負のスパイラルに入っていたあなたは、そんなところまで気が回らなかったので、ぶつかってさらにぶん殴られてしまったわけです。

殴られたせいでさらにイライラして、さらに負の感情が立ち込めてきて、、、

これが負のスパイラルです。

違いますか?

じゃあどうすれば良いのか?

解決すればいいわけです。

「負のスパイラルを辞める。」

まずそう決める。

まずは負のスパイラルにはまってしまっていることに「気づいて」、

気づいたらそれを「辞める」「解決する」と決める。

決めてから手段やそもそもの原因を考えてみます。

ここが重要で、決める前に原因ばかり考えていると、ツラい状態からなかなか抜けられません。

だからまず決めること。

決めたら次に、

「具体的に何かつらいのか?」

「具体的にどう苦しいのか?」

を「観察」してみます。


「心の中でつぶやいてる声」ってありますよね?

口には出さなくても「あー早く帰りたい」みたいに心の中で思ったセリフ、というとイメージがつきやすいかもしれません。

普段はまったく意識しないで「心の中で勝手につぶやいてる」ので、自分でも自分が何をつぶやいているのかあまりわかっていかなったりします。

でもまさにこれが「自分の心の声」なわけだから、まずは普段より意識してこれに耳を傾けてみる。


「自分で自分の内面の声を聞いてみる」

イメージです。

すると、「漠然と」いやだな、つらいな、苦しいな、だったのが、

「あれ、どうも自分はこういう時につらいなって思ってるらしい。」

みたいなことがわかってきます。

無意識につぶやいていた心の声を意識的に「意識に上げた」ので、知らなかったことがわかるようになった、ということです。

これをちょっとしばらく続けてみる。

1日でもいいし、1週間でもいい。

続けてみる。

その時に気を付けたい点が一つ。

「自分のつぶやきを評価しない」という点。

評価するということは、つまりそれを「良い」とか「悪い」とか判断してしまうということ。

だってつらい自分の心のつぶやきを「良い」としてしまったらツラい状態を肯定してしまっているということなので、ツラい状態を辞めることはできないし、

「悪い」としてしまったら、「そんな自分がいけないんだ」と自分を責めてしまって、もっとツラくなってしまいますよね?


なので、評価はせず、「ああ、自分は今こう思っているんだ。」と、ある意味「他人事」のように観察してみるのがポイントです。

そしてだんだんと自分が漠然とツラい、苦しい、と思っていたことが具体的になってきます。

あなたがミュージシャンであれば、例えば、


「どうやらいつまでもバイト生活してる自分がイヤになってきてツラくなっているらしい」

「愛だ希望だとか言うメッセージのバンドだけど、実際のところみんなブラックなバイトで他人に迷惑かけてるじゃん、、、こんなのおかしくね?という思いが大きくなってきてツラいらしい。

「もう何年もとてつもなく貧乏な自分がイヤになってきて、ツラく感じているらしい」

「ハタチでデビューするのが目標だったのに、もう28だし、、、もう先が見えなくなっか感を感じ始めて、それでツラくなってきたらしい」

とか。


「ツラさのもと」がある程度具体的になってきたら、じゃあそれがツラいのだから、それを辞めればよい、ということになります。

漠然と「ツラいのを辞める」のはとても難しいけど、もうちょっと具体的な「ツラさのもと」であれば辞めることはできます。

辞める時のポイントとしては、まずそもそも「辞める自分を自分で否定しない」こと。

これをするとますますツラくなってしまうので、ツラいのをやめたい状況では本末転倒です。

よね?


なので、辞める自分は否定しない。

辞める決意をした自分を自分でこっそり褒めてあげる、くらいがちょうどいいです。

もう一つのポイントは、

「ツラさのもと」がなくなった自分の状況とは、どんな状況なのか、想像してみること。

できれば「ツラさのもと」と入れ替えに「ハッピーのもと」がある状況とは、どんな状況なのか、想像してみること。

これも具体的であればあるほどいいです。

「漠然と」だと、どうすればいいのか手段が見えてこないので、出来るだけ具体的にイメージしてみること。

もちろん最初は漠然としていても大丈夫です。

少しずつでいいので具体的にしていってみてください。

具体的であればあるほど手段も方法も見えてくるし、なにより文字通り「イメージしやすい」からです。

とりあえずバイト生活がツラい!

のであれば、

取り急ぎバイトを辞める!

ことで、その「ツラさ」は一見解決しますが、でも

「じゃあバイト辞めてどうするの?」

という新たな悩みが出てきてしまいます。


なので、「その次の状況」を「ハッピー方向から」イメージしておくのが重要です。

「今の恋人とは合わない!別れる!」

そして別れて2週間後、

「別れた一人ぼっちでさびしい!やっぱもっかい付き合おう!アンコール!アンコール!」

みたいなことってありますよね?

「引き戻し現象」みたいに言われたりしますが、「次の状況」をイメージできていなかったりすると引き戻されてしまうことも多いと思います。

仮に「バイト生活がツラい!」のであれば、まず解決策としてはバイトを辞めること、そして併せて、「じゃあバイト生活でない & 今よりもハッピーな生活とはどういう生活・状況なのか?」をできるだけ具体的にイメージしておけば、

「次に進んでいく場所」

があるので、引き戻され(=ツラい状況に戻り)にくいです。


人それぞれいろいろなイメージがあっていいです。

「バイト生活を辞めてバンドも辞めて安定したサラリーマン生活をしてみる」

かもしれないし、

「バイト生活を辞めて親に頼み込んで養ってもらってバンド活動を続けてみる」

かもしれないし、

「ハローワークで申し込んでお金をもらいながら職業訓練を受けてみる」

かもしれないし、

「とにかく一番稼げそうな方法を見つけて試してみる」

かもしれない。

全然違う状況をイメージするかもしれない。

選択肢によっては他人にバカにされたり、他人に「お前には無理だよ」と言われるでしょう。

でもそれは気にするポイントではなくて、あくまで「自分はこうしてみよう」と自分で決めて、自分から進み始めるのが大切ですし、効果があります。

他人の意見はほとんど役に立ちません。

ツラい時期にツラい状況を辞めようとしている時はなおさらです。

「次の状況」に進み始めれば、勝手にツラい気持ちは消えていきます。

だって「ツラさのもと」がなくなった状態になったんだから。


「ツラいのやだ!」

「ツラいのやだ!」


ではなくて、

「ツラいの辞めます。」

「わたし、つらいのやめますけど!なにか?」


あとはこれと同じ手順で、どんどん「楽しい」状況をイメージして、毎年毎年そっちに向けて方向修正していくだけ。その連続です。

楽しい方向に向かっていくんだからもちろん楽しいに決まっています。

むしろ、目的にたどり着くまでが一番楽しかったりします。

でも「ツラい」から「最高に楽しい」にいきなり持っていくのはなかなか大変かもしれないので、まずは

「ツラいを辞めて」みて、

それから徐々に「もっと楽しい方へ」「もっと楽しい方へ」加速していく。

こんな感じで進んでいってみてください。


ではまた近々!

応援してます!

人生を変えたい
PS. 僕のメールレターでは現在「自分を上手に表現する力を手に入れて、理解者に出会える自分になる方法」をお伝えしています。

理解し合える仲間たちとみんなで前に進んでいく人生。あなたも手に入れませんか?

是非下のフォームから登録してみてください。

「理解者に出会える自分になる」
無料メールレター受け取り登録
メールアドレス 必須

理解者に出会える自分になろう
タイトルとURLをコピーしました