コミュ力高いのと、言葉遣いが丁寧なのは、まったく関係がない?

マインド

こんにちは、早川です。

ちょうどさっき、近所の駅ビル「アトレ」の中にある成城石井にて、

「コミュニケーション能力がとっても高くてコミュニケーション能力がとんでもなく低い人」

に出会ったので、まずはこの会話からどうぞ。

レジの店員さんと僕との会話です。


店員さん「いらっしゃいませっ!」(←とってもハキハキ、ニコニコして、明るい活舌の良い声で)

僕「おねがいしまーす」(と、缶ビールをレジに置く)

店員さん「袋にお入れしてよろしいでしょうか?」(ハキハキっ!ニコニコっ!)

僕「あっ、お願いします。」

店員さん「かしこまりましたーっ!」(ハキハキ!ニコニコ!)

店員さん「アトレカードはよろしいでしょうかー?」(ハキハキ!ニコニコ!)

僕「あっ、だいじょうぶです。」(手のひらを挙げて、持ってませんし使いませんアピール)

店員さん「かしこまりましたー!!」(ハキハキ!ニコニコ!)


ピコっ!


店員さん「お会計は438円でございます!」(ハキハキ!ニコニコ!)

僕「はい」

チャリリーンと小銭を置く

店員さん「アトレカードはよろしいでしょうかー?」(ハキハキ!ニコニコ!)

僕の心の声「んっ???www さっきも同じこと言ってたよなww しかも全く同じトーンで、全く同じようにニコニコ笑顔でww 言ってたよなwww」

実際の僕「あっ、大丈夫です」(どうしてもちょっとニヤニヤしてしまうのをこらえながら)

店員さん「かしこまりましたー!!」(ハキハキ!ニコニコ!)

僕の心の声「でたっ!www またさっきと全く同じだwww これって10秒前のデジャブですかwww」

チャリチャリ。お釣りとレシートを渡してくれる。

店員さん「ありがとうございましたー!またお越しくださいませー!」(ハキハキ!ニコニコ!)


店を出てエスカレーターに乗りながら、僕は思ったのです。


「これはブログに書かなければ!!」


彼女(店員さん)に意地悪なことを言いたのではなく、バカにしたいわけでもない、というのはまず明記しておきます。

僕だってコンビニのバイトは何年もしていた時期がある。

レジ打ちはレジ打ちで、大変だもん。正直、つまらないし、、、

一生懸命がんばってお仕事してるのは、知ってるもん。


というのをお伝えしたうえで、この店員さんと僕とのコミュニケーンをきっかけに、今回は「コミュニケーション能力」について考えてみたいと思います。

この店員さんを仮に「さっちゃん」として、さっちゃんの「表面上の」コミュニケーション能力って、とっても高いと思いませんか?

さっちゃんは、お客様に対してハキハキ、ニコニコ。

丁寧な言葉遣いで。

「袋にお入れしますか?」

ではなくて

「袋にお入れしてよろしいでしょうか?」

(成城石井のマニュアルなのだと思いますが)「オプトアウト」方式で顧客に選択させる。

袋は「経費」のかかる「無料サービス」なので、「袋無し」にした方が、お店の経理上は「良い」ものの、

ちょっとお高めのスーパーでもあるので「お客様を大切」にする姿勢を表す表現として、敢えて

「お入れしてよろしいでしょうか?」

という表現を(マニュアルに入れて)使っている。


ここまではいいかもしれません。

が、

さっちゃん はただただ

「マニュアルに記載された言葉をそのままオウムのように唱えているだけ」

なので、さっきのようなことが起こってしまう。


「袋にお入れしてよろしいでしょうか?」

という発言の「背景」に、「さっちゃんの心遣い」があるわけではなく、ただただ

決められた通りに

マニュアル通りに

何も考えないで

自動的に

無意識に

勝手に出てきているだけの


「袋にお入れしてよろしいでしょうか?」


という「顧客を気遣っている風の」マニュアルに書かれたセリフです。

そこにさっちゃんの「気遣い」や「意図」があるわけではありません。

なので、

「袋にお入れしてよろしいでしょうか?」

「かしこまりましたーっ!」

と言った10秒後にまた、


「袋にお入れしてよろしいでしょうか?」

「かしこまりましたーっ!」

となってしまうわけです。

あなたも経験ありませんか?

都会のコンビニとかではよくあります。


僕「袋いらないです」

店員さん「かしこまりました」

ガサガサっ

スパっ、スパっ、

(かしこまりましたと言った直後に袋に入れ始める)

ありがとうございましたー!(袋に入れた商品を渡される)

いらないですって言ったんですけど・・・


経験ありませんか?

僕は何十回もあります。



ここでお伝えしたいのは


「表面上どんな言葉を使って、どんな受け答えをするのか」

「コミュニケーション能力」

とは、

「まったく関係ない」

ということです。


NLPなどの要素を取り入れて、


「相手の言ったことをオウム返ししましょう」

「いったん相手の発言を受け止めてから、こちらの提案をしましょう」

「申し訳ありませんが、とか誠に恐れ入りますが、みたいなクッション言葉を入れましょう」

こうすればコミュニケーション能力が身に付きます!


みたいなのって、「表面上」のことであり、「コミュ力の本質」とは全く関係ない、ということです。

確かに、


「レジ袋にお入れしますか?」

と聞かれたとして、

「お願いします」

とあなたが答えて、

「かしこまりましたっ!」

と言ってから袋に入れ始めるのと、あなたが「お願いします」と言ったのに対して何も言わずに無言で入れ始めるのとでは、あなたに与える印象は違うでしょう。


質問されて答えたのに、その答えを「無視」されていきなり袋に入れられると、おそらく無意識で

「なんかこの人感じ悪い・・・」

って思うはずです。

逆に店員さんが「袋に入れますか?」と聞いても無視する客もいます。

店員さんとしては「感じ悪い」と無意識で感じているでしょう。

なので、こういう「表面上のテクニック」はもちろん役に立ちます。

ですが、コミュニケーションの本質は何か、と言われれば、


相手に正しくこちらの「意図」を伝えること

相手の「意図」を正確に理解すること


ですよね?

あなたが詐欺師でない限りは、同意してくれるはずです。

そしてここで大事になってくること。それは、


「言葉自体に意図は無い」

「言葉そのものには意味は無い」


ということです。



「うんぽこっ!!」



あなたは今、「えっ?」ってなりました。

なりましたよね?


「コイツいきなり何言ってんの???」


じゃああなたがもし今後スペインに行く機会があれば、街行くスペイン人に

「うんぽこっ!!」

と言ってみてください。

きっと気のいいスペイン人であれば

「ウンポコ! デトンデエスウステっ?」

みたいに返してくれるでしょう。


じゃあ同じように、山形駅で、広島駅で、東京駅でもいいですが、街行く日本人に


「うんぽこっ!!」


と言ってみてください。

「えっ?なにこの人???アタマだいじょうぶ???」


みたいな顔をされるか、

「やばっ!今の見なかったことにしよっ!ww」

みたいな反応をされるか、どちらかじゃないでしょうか。


「うんぽこ」とはスペイン語で「ちょっとだけ」という意味ですが、日本語的な語感だと


「うんこ」

「ちんぽこ」


を同時に想起させるような、そんな「変態的な匂いのする」響きに感じられます。

おなじ「うんぽこ」であっても、かたや「ちょっとだけ」、そしてもうかたや「変態的匂い」。


何を言いたいかと言えば、


「そもそも言葉に意味なんてない」


ということです。


気のいいスペイン人からすると、あなたの「うんぽこ」発言には、

「一言だけスペイン語覚えたっぽい東洋の観光客が、スペイン人相手にその言葉を使ってみたかったんだろうなーww」

という「意図」がある、と受け止められ、

「暇だしちょっと相手してやるかw」

となるわけです。


対して、山形駅の日本人にとっては、あなたのうんぽこ発言には

「変な人が意味不明な不潔な言葉を発狂しているだけ」

という「意図のない奇声」として受け取られてしまう。


でも言葉自体は、同じ「うんぽこ」です。

でもそこに本質的には意味などなく、それを使っている人の「意図」のみを、相手は受け取ろうとする。

受け取ろうと「する」というのは、その意図が正確に伝わらないことがある、ということ。

つまり、一番重要なのは発話者の「意図」であり、そして受け取り手にその「意図」が「正しく」理解されるか否か、ということです。


違いますか?

違いませんよね?


渋谷の雑踏の中、突然知らない人に


「ちょっといいですか?」


と声をかけられた女性は、多くの場合には、

「ちょっといいか否か?」

と問われているのではなく


「AVとかアブナイ仕事にひきづりこみたいんですけどいいですか?」


という「意図」に違いない、として受け取られるわけです。



仮に「ちょっといいですか?」と言った人が、「世界の恵まれない子供たちに寄付を」お願いする意図があり、その話を聞いてもらうためにまず足止めをしてもらう、という「意図」を持って

「ちょっといいですか?」

と言ったのだとしても、その意図は正しく伝わりません。

そう。「ちょっといいですか?」というセリフには、決められた意味など無いのです。


人はその背景にあるであろう「意図」を受け取ります。


であれば、発言者も自分の意図を「できるだけ正確に」相手に伝える必要があります。


「袋にお入れしてよろしいでしょうか?」


そんな言葉に意味などありません。

が、一般的な人であれば「なんか感じいいな、この店」としてその「意図」を「感覚」として受け取ります。

が、「袋にお入れしてよろしいでしょうか?」「かしこまりました!」「袋にお入れしてよろしいでしょうか?」


と連発されると、一般的な人であれば「ああ、別にこっちの答えなんて聞いてなくて、マニュアルをオウムのように繰り返してるだけの、疲れたパートさんなのね。お疲れ様です・・・」


と受け取られてしまいます。店の経営者の意図は正しく伝わりません。



「まいどぉ!」

八百屋のおっちゃんが笑顔で言ってくれる。


「ありがとうございましたー!またお越しくださいませー!」

こっちの方が「丁寧」かもしれない。

でもおっちゃんの

「まいどぉ!」

こっちのほうが、なんだか言われた方も気分がいい。

「ありがとう」の気持ちが伝わる。


コミュニケーション能力がない。

これって、相手の意図を正確に受け取ることが出来ず、そして自分の意図を正確に相手に伝えることができない、ということ。

そんなときに、いくら「表面上のテクニック」ばかり一生懸命学んでも、無意味です。

なんの意味もありません。

それよりも、普段の会話のなかで


「なんでなんだろう?」


を考えていくようにしたほうが、本質的な意味でのコミュニケーション能力は、はるかに高くなるんじゃないかと思います。


「なんでこの人はこんなことを言うんだろう?」

「なんでこの人はこういう言い方をするんだろう?」

「なんでこの人と話してると楽しくて、なんであの人と話してるとイライラしてくるんだろう?」

「なんでこの人は高い声でヒステリックな話し方なんだろう?」

「なんでこの人はいつも落ち着いてゆっくりしゃべるんだろう?」

「なんでこの人は話すときなんか頼りなさそうな表情をしてるんだろう?」

「なんでこの人からは上から目線のような印象を受けるんだろう?」

この人の意図とは、なんなんだろう?

どういう背景があるのだろう?



「あたしバカだからさぁ~、ハッキリ言ってくんないとわかんないんだよねぁ~」

「俺ってちょっと話すのが苦手でさぁ、なんかうまく伝えられないんだよなぁ」



違います!

絶対に違います!!



あなたは相手の意図を理解できるし、自分の意図もちゃんと伝えることが出来る。

ただ、練習が必要なだけです。


「この本を読むだけで、今日からあなたもコミュニケーションの天才に!!」

「この講座を受講すれば、一瞬であなたのコミュ力は飛躍的にうんぬんかんぬん!!」


そんなのはうそです。

彼らの「意図」は「買ってくれるとうちが儲かるので、買ってください」です。


「今日から」

「簡単に」

「一瞬で」


そんなバカなことがあれば、だれも苦労しません。だれも悩みません。

人生全員ハッピーです。

そんなもんに払うお金があれば、友達と飲みに行って、

「なんでコイツは今こう言っているんだろう?」

と延々と考えてみたほうが、よっぽど有益です。


そもそも「相手に伝えたい」「相手を知りたい」「自分をわかってほしい」「この思いを伝えたい」「理解したい」「理解してほしい」

そう思わないのであれば、コミュニケーションを取る必要はありませんし、コミュ力を上げる必要もありません。

そして便利なことに、それでも十分普通に生きていけます。


でもそういう「思い」がまずあって、

「意図」を正しく伝えて、正しく受け取るために、コミュニケーション能力を上げてく、

というのであれば、まずは「なんで?」を考えまくってみる。


ちっちゃい子供って、みんな

「なんで?」

「なんで?」

って聞いてきます。

すると大人たちは、


「なんでも!」

「そういう風に決まっているから!」


そう言います。するとその子供は

「なんでもってなんで?」

「なんで決まってるの?」


「なんでもはなんでもっ!!」

「決まってるものは決まってるの!!!」


つまり、「あなたは思考停止になり、何も考えないでください」ということ。

そういう「意図」を送り続けられた子供は、無事に思考を停止させ、疑問を持つことを辞めます。

すると、「なんで大人はこういうことを言うのか?」という疑問も持たなくなり、

「なんで今日お友達はぼくをバカって言ったのか?」とも考えなくなり

「なんで先生に静かにしなさいって怒られたのか」も考えなくなり、


「なぜ他人はこんな発言をするのか」


がわからなくなります。

大人になってから自分の幼少期の親や大人のセイにしてものごと解決したらそんな便利なことはありませんが、実際そんな便利なことなどありません。

昔「ダメっ!」って言われていた「なんで?」を再開するだけ。

久しぶりに始める「なんで?」なので、慣れるまでちょっと時間はかかります。

かかりますが、慣れてきたら物事がもっと深く見えてきます。

見えてくると、さらに疑問が生まれます。

なんでか考えます。調べます。


これが「成長する」っていうことなんじゃないでしょうか?


「なんで」か考えれば、人の気持ちがわかるようになります。

人の言動の意図がわかるようになります。

人にも自分の意図をうまく伝えられるようになります。

コミュ力上がります。

さらにオマケとして、

人にももっと好かれるようになります。

信用されやすくなります。

頼られるようにもなります。なので、

仕事も来ます。

お金も入ってきます。

頭も良くなるし、人生充実してきます。


じゃあなんで僕は今この文章を書いているんでしょうか?

なんであなたはこんなクッソ長い文章を(笑)最後まで読んでいるのでしょうか?


「なんで?」


今この瞬間から始めてみてください。

ではまた近々!

応援してます!

マインド
PS. 僕のメールレターでは現在「自分を上手に表現する力を手に入れて、理解者に出会える自分になる方法」をお伝えしています。

理解し合える仲間たちとみんなで前に進んでいく人生。あなたも手に入れませんか?

是非下のフォームから登録してみてください。

「理解者に出会える自分になる」
無料メールレター受け取り登録
メールアドレス 必須

理解者に出会える自分になろう
タイトルとURLをコピーしました