バツイチの彼氏と浮気する彼女、について研究してみた(2)

恋愛

「最近彼女が浮気していることが発覚しました。別れるべきか許すべきか悩んでいて、、、」

「うん、それ100%オマエがいけないんじゃない?チンポコ切ってくれば?」


こんにちは、早川です。

今回は前回の記事の続編です。

前回は「バツイチ彼氏が昔の奥さんの写真を持っているのが発覚」した場合の考え方についてお話しました。

今回は、「彼女の浮気が発覚」した際の、僕のオルタナティブな提案です。


「チンポコ切ってこい」はちょっと過激ですが、でも本質的にはチンポコ切るべきだ、と思います。


それはどういうことか?

前回の記事でもお話したように、本能的に男というのは


「多ければ多い方がよい」


そして女というのは本能的に


「一人だけ」


という特徴があります。

(詳細は前回の記事を見てみてください。)

この原理原則に基づくと、そもそも


「女性が浮気をする」


というのは「おかしな」現象です。普通に考えて

「生物的に不自然」です。


だからそんな女は悪いやつだ!!!


という男がいたとしたら、お勉強不足です。自分のお勉強不足の結果を他人のせいにするのではなく、まずはチンポコを切り落として冷静になってから、賢者になるべく出直してください。

話が逸れました、、、


「女性が多数と同時に」という生物的に不自然な、不可思議な現象。


じゃあ「なんでそんなことが起こるのか?」

「それはなぜなのか?」


考えてみましょう。

まず答えから言います。


彼氏が自分のことを大切にしてくれていないと「感じている」からです。



女性は「一人だけ」のパートナーと特別な関係を求める生物です。

でもその「一人だけ」として選んだ相手との関係で「特別感」「愛されてる感」をあまり感じていない。

平たく言えば、「不満」である。


だから、満ち足りない「愛されている感」の欠如を埋め合わせるために

「浮気する」

わけです。

大なり小なり罪悪感も感じるかもしれません。

が、でも「愛されたい」わけです。


男のように


「溜まっててやりてー」

から浮気するのではなく、


「愛されたい」

から浮気をするわけです。

そしてもしその浮気相手のほうが現在のパートナーよりも自分のことを大切にしてくれている、「愛されてる感を与えてくれる」と感じ始めれば、早かれ遅かれ現在のパートナーとは別れることになります。


「彼女の浮気が発覚した!」


という場合には、まずこうした「彼女の気持ち」を理解する必要があります。

理解していないから

「別れるべきか、許すべきか?」

などと、あたかも自分に選択肢があるかのような


自分本位な勘違い


が生まれてしまうわけです。


違います!

選択肢は「彼女」が持っているんです。彼氏のほうではありません。


そうは言われても、浮気されて俺ツラいし、、、

なんか裏切られた気持ちですっごく悲しいし、、、

ムカつくし、、、

相手の男ボッコボコにしてやりてーし、、、



そうでしょう。男もツラいです。

でもここで一歩冷静になって、「じゃあ彼女はツラくないのか?」と相手の気持ちを考えてあげる必要があります。

「必要があります」というよりも、考えないと解決しません。

解決しないし、問題を正しく認識することができません。

「自分は正しくて相手が100%悪い」


そんな考え方をしていては、「人生ムカつくことばかり」になってしまいます。

そして残念ながら、彼女が浮気をする時には、彼氏側に原因があることがほとんどです。

だので、ここで僕のオルタナティブな提案です。

彼女が浮気をしてしまった時、まず最初に男がすること。それは、



彼女にあやまる



こと。


「さみしい思いさせちゃってごめんなさい。。」

「最近マンネリになっちゃってたよね、ごめんなさい。」

「素っ気ない態度になってたかもしれない。ごめんなさい。」


そして次に、彼女に許しを請います。



「ごめんなさい。許してください!」

「心の底から大切に思ってるんだ。許してください!」

「本当にすいませんでした。許してください!!!」



言い方は人それぞれですが、心を込めて、伝えてあげてください。

「浮気した彼女と別れるか、それとも許すか?」

ではなく、


「浮気した彼女に謝罪をして、許してもらう」


のです。

そしたらおそらく彼女(がマトモな人であれば)は、泣きながら、本当に思ってたことを話してくれるはずです。


「本当は最近すごくさみしかった」

「夜の関係が淡白すぎてつまらなかった」

「もっと愛してるって言ってほしかった」


どうでしょう?

言いたくても言い出しづらかった「彼女の本心」を打ち明けてくれました。

彼女が本当に大切な彼女なのであれば、男としてそんな彼女の気持ちを放置しておくわけにはいきません。

本心がわかり、そしてその本心を放置しておくわけにはいかないのだから、あとは


解決


していけばいいだけです。

彼女がさみしかったのであれば「彼女がさみしくない」ようにすればいい。

夜が淡白なんだったら「濃厚に」すればいい。

愛してるって言ってなかったのなら「愛してる♡」って言えばいい。

口ついてますよね?日本語しゃべりますよね?じゃあ言えばいい。

彼女がさみしくない状態とはどんな状態か、彼女に聞いてみればいい。

理想のセックスってどんなんなのか、夜な夜なそれとなく聞いてみればいい。

聞いたら「それを超える」結果を出せばいい。

調べればいい。勉強すればいい。努力すればいい。

彼女がだいじなんだったら。



「あーうぜーwwそんなのくっそめんどくせーしwww」


と思うのであれば、誤って許しを請うてから、お別れすればいい。

そして、

「私はさみしいのが大好きで、淡白で愛してるって言わない男が好み」

という女性と付き合えばいい。

(そんな人存在するかどうかは別問題として、、、)


どうでしょうか?

この提案を受け入れるも受け入れないもあなた次第です。

あなた次第ですが、「彼女が浮気をする時は彼氏のほうに大きな原因がある」

というのは「事実」であり「真実」なので、これは受け入れるとか受け入れないとかいう問題ではなく


「1+1=2」


とか、


「日本には47都道府県ある」


と同じレベルで「事実」として認識しておく必要はあります。

事実を正しく認識していれば、対策は取れます。

が、事実を正しく認識しておらず


「1+1=2」とか、俺は信じない!


とか言っていると、そもそも論の段階でお話になりません。


だってコンビニで157円のお酒を買って123円を支払い、

いや俺、123円で157円の酒買えるって「信じてる」んで!

とか言われても、店員さんは唖然として開いた口がふさがらずフリーズしてしまい、あなたもそのビールを持ち帰って飲むことはできません。


俺は123円が157円より少ない金額だとか、「信じてない」んで!


事実に対して、信じてる、とか信じてない、とか言う人がいます。


この間、ある女性と焼き鳥屋に行った時のことです。その時の話の流れで、たまたま「盲点」の話題になりました。


僕「あのね、人の目には盲点があってね、目ん玉の裏に視神経が通ってる部分があるんだけど、うんぬんかんぬん」

女性「そんなの信じない!ww」


焼き鳥屋で「盲点」の話をしてくる男ってどうなのよ?というツッコミはさておき笑、

いずれにせよ世の中には「事実」「ファクト」の話をしている時に「信じる」「信じない」とかいうことになっちゃう人ってやっぱりいるんだなぁ、そう感じました。


興味があれば、左目を隠して、右目で下の「8」に視点を合わせながら、どんどん顔を近づけていってください。かなり近づいたところで、急に「X」が消えて、「X」があった部分が白い背景と同化する部分があります。これが盲点です。



    8            X



話が逸れましたwww


「浮気をするのは、浮気をするやつが悪い!」


この考え方には、あなたは想像もしていなかった盲点があるんです。

この盲点があるがゆえに、


「彼女が浮気をする時は、彼氏が悪い」


という「事実」が見えていなかった。ただそれだけです。

そして事実に信じるも信じないもありません。

事実は事実です。

事実に対して「好き」とか「嫌い」とか言っていても解決しないので、まずはしっかりこの事実を理解したうえで、


彼女にあやまり、

そして

彼女に許しを求めて


ください。

この事件をきっかけに、二人の理解がもっともっと深くなって、これからもっともっと素敵な関係になることを願っています。


ではまた近々!

応援してます!

恋愛
PS. 僕のメールレターでは現在「自分を上手に表現する力を手に入れて、理解者に出会える自分になる方法」をお伝えしています。

理解し合える仲間たちとみんなで前に進んでいく人生。あなたも手に入れませんか?

是非下のフォームから登録してみてください。

「理解者に出会える自分になる」
無料メールレター受け取り登録
メールアドレス 必須

理解者に出会える自分になろう
タイトルとURLをコピーしました