やりたいことがない。人生つまらない。と悩んだら

人生を変えたい

「人生つまんねー、、」

「そっかぁ、じゃあやりたいことやればいいじゃん?」


「俺、やりたいことがないんだよね、、、」

「そっかぁ、そりゃ困ったな、、、」


こんな会話、身に覚え、ありますよね?

僕はあります。

こんにちは、早川です。

自己啓発などでよく言われたりします。


やりたいことをやろう!


ネットビジネスなどの「儲かりまっか系」の宣伝文句でもよく出てきます。


仕事を辞めて、「自由に」なろう!


コーチングでもお馴染みのセリフです。


「100%やりたいことだけをやって生きる!」


ところがどっこい。それが問題なんです、、、

だって俺、やりたいことなんてないんだもん、、、


そう悩んでいる人って実はかなり多かったりします。


「ツラいから仕事を辞める」

とか

「イヤだから仕事を変える」

とか、

そんなことしてても人生何にも変わらないだろうことは、またどうせ同じことを繰り返すだろうことは、わかってる。でも、


やりたいこと

をやれと言われましても、、、

そんなもん無いのでもっと困っちゃうんですけど、、、

みたいな。



じゃあここで問題です。


今あなたは10億円持っています。そしてあしたも、そのあしたも、毎日毎日自動的に10億円振り込まれます。

毎日10億円自由に使ってもいいし、使わなくてもいいです。

これで何してみたいですか?



「う~ん、じゃあとりあえず一番高い焼肉食ってみたい」

「う~ん、じゃあとりあえず俺はヨシワラに行ってみたいwww」

「う~ん、私は世界一周旅行にでも行ってみたい」

「今まで買えなかったゲームソフト全部買って、全部クリアしてみたい」

「私はグッチで身を固めてみたい」


ちっちゃいことかもしれない。マジメに考えるとちょっとばかげてるように感じるかもしれない。でも、やりたいこと何かしら出てきますよね?

そう、つまり、


「やりたいことがない」


というよりもっと正確に言えば


「やりたいことが何だかよくわからない」


という感じ。


違いますか?

違いませんね?


でもあなたは言います。

そんなの「ホントにやりたいことじゃない」、と。

「もっとこう、大企業の社長になりたいとか、イケメンと結婚してハワイに移住したいとか、世界で活躍したいとか、そういうのがやりたいことで、焼肉とかグッチとか、そういうのはちょっと違うでしょー?」

と。

あなたは言います。


そして、意外とそれが

「やりたいことが無い」

原因だったりします。

どういうことか?つまり、

「自分のやりたいことなど、「やりたいこと」って言うにはあまりにもちっちゃくてくだらない」

と感じている。そして

「世界で活躍とかそういう、もっとホントの意味で「やりたいこと」みたいなこと、自分には出来っこない」

つまり、自分で勝手に自分にフタをしてしまっている。


「ちょっとしたやりたいこと」は「ダメなこと」で、

「カッコよさげなやりたいこと」は「できるはずもない」。


なので、「やりたいことは無い」。


う~ん、まあ確かにそう言われればそうかもしんないけど、でもそう言われてもなんかシックリ来ないんだよなぁ、、


そう思いましたか?

その通り。

「やりたいことがない」のには、もう一つ原因があります。それは、


「情報が足りていない」


という原因です。


例えばもしあなたが、


明日から365日、毎日毎日、365種類のそれぞれ違う職種で活躍している人に直接会って、その職業はどれだけ素晴らしくて、楽しくて、やりがいがあるのか、

話を聞くことが出来たとします。

365日、毎日です。

365の職業です。

よく聞く職種から、「なにそれ?そんなのあるですかww」みたいな聞いたこともないような職種まで、いろんな人に会って、いろんなお話を聞きます。

365職種でそれぞれ「いい話」を聞いて、一個も「やってみたいかも」と思う職種に出会わないと思いますか?

いいえ、おそらく出会います。

もちろん「やってみないと実際その職業が自分に合っているのか」はわからないとしても、「なんかいいかも~」「なんかちょっとおもしろそう!」くらいであれば、

まあおそらく出会います。

でも今この時点で365人と365職種について、話をしてきたわけではないので、おそらく今のあなたの考え付くチョイスは、


2つ

とか、

5つ

とか、

多くても


10種類、20種類

くらいしかないんじゃないでしょうか?



「ヒモ」の生活をしている男性に出会って

「ヒモとは?」

「ヒモのなりかた」

「ヒモの生きがいとは?」

「女性が喜んで養ってくれるための「ヒモ道」とは?」


とか、聞いたことあるでしょうか?

おそらく、ほとんどの場合は無いと思います。

(ちなみに、僕は過去にヒモをやっていた男を二人、知っています笑)


ヒモになれ、と言っているわけではありません。

「やりたいことがないのは、おそらく情報が少なすぎるだけ」

それをお伝えしたいんです。


職業だけじゃなく、もっと大きな視点で「生き方」でもいいし、もっと小さな一歩からで「毎日こんなちっちゃな楽しみがあります」でもいい。

やりたいことをやって充実してそうな人の話を聞いてみるのもいい。

人の話を聞くと、なんらかの形で「インスパイア」されます。

直接、その人と同じようなことをやってみようとは思わなくても、

なにかしら「ヒント」を得ることができます。

なので、今これを読んでくれているあなたももし

「自分は情報が足りていないだけなのかも」

と思ったら、

「今まで見なかったところ」を見てみたり、

「今まで会わなかった人」に会ってみたりすることをオススメします。


仕事の話であれば、もし今まで「リクナビ」的なサイトからのみ、情報を取っていたのであれば、実はあなたがやってみたいと思う仕事がリクナビには掲載されていないだけ、の可能性もあります。

可能性もあります、というか、ホントに掲載されていないだけです。例えば、

「探偵」

とか。

「催眠術師」

とか。

「AVの編集作業スタッフ」

とか。

「釣り具のテスター」

とか。

「毎日星座占いを占いサイトにテキトーに書く仕事」

とか。。。(ホントにあります笑)


でもリクナビまたはそれに似たような就活・転職サイトばかり見ていると、延々とそこに掲載されるような類の仕事の情報しか入ってこないループに陥ってしまいますよね?

なので、それとはまぁーったく関係のないサイトを見てみたり、

「意外な 仕事 一覧」

とか、

「マニアック 職種」

とか、

そんなワードで検索してみてもいいかもしれません。


もちろんこうした「マニアックな仕事をしてください」と言っているわけではなくて、「普段とは違う場所で、普段とは違く角度から」探してみると、意外なところにやりたいことのヒントが転がってるかもしれませんよ、という意味です。



そして「情報を増やす」ためのもう一つのオススメ手段は、「今までとは違うタイプの人に会って話を聞く」こと。

あまりに怪しい人は気を付けた方がいいですが、たとえば誰かの講演会に行ってみるとか、ネットで気になっていた誰かのお茶会や懇親会に行ってみるとか、セミナーに行ってみるとか、とにかく

「会ったことのない人、面白そうな人に実際に会いに行って話を聞いてみる」

と、その話自体が今の自分に直接の役には立たなかったとしても、なにかしらの「インスピレーション」や「ヒント」を得ることが出来るので、

そこから得たヒントをキッカケに、じゃあ次はあんな人に会いに行ってみよう、あんな本を読んでみよう、こんなことを試してみよう、みたいに自分の世界が広がっていったりします。

世界が広がれば、見えることも増えるし、物の見方も広がってきます。「ただ今まで見えていなかっただけ」の「やってみたいこと」、必ず見えてきます。

ということで今回お伝えしたかったことのまとめです。

「やりたいことがない」

というのは、ちょっと違う。


1.「やってはいけない」「やりたいけどでもやる価値はない」「自分には出来ない」

と、自分を勝手に否定しまくってしまっている可能性。

⇒そんな否定しまくってないで、「やってみればいいじゃん」ともっと気楽な感じで、小さな「やってみたいこと」からやってみる。


2.「情報が足りてないだけ」の可能性。

⇒今まで行ったことが無い場所、今まで見なかったサイト、今まで会ったことが無い人、に触れて、「新しい情報を足していく」、そこで「ヒント」や「インスピレーション」を得る。


まずは気楽に、ちょっとだけ試してみてください。

「やりたいこと」、絶対に見つかります。


じゃあ今回はこの辺で。

応援してます!

人生を変えたい
PS. 僕のメールレターでは現在「自分を上手に表現する力を手に入れて、理解者に出会える自分になる方法」をお伝えしています。

理解し合える仲間たちとみんなで前に進んでいく人生。あなたも手に入れませんか?

是非下のフォームから登録してみてください。

「理解者に出会える自分になる」
無料メールレター受け取り登録
メールアドレス 必須

理解者に出会える自分になろう
タイトルとURLをコピーしました