仕事がつまらないなら、つまらなくない仕事をすればいいじゃん?(2)

人生を変えたい

こんにちは、早川です。

前回の記事の続きになります。

前回の記事では、いま仕事がつまらないと感じているあなたに


「つまらないなら辞めればいいじゃん」


と「事の本質」から見た提案をしました。

提案したうえで、でも実は「本当の事の本質」は「辞めちゃえばいいじゃん」からもう一歩踏み込んだ先にあるのだ、ということをお話しました。

では「本当の事の本質」とはなんなのでしょうか?

本当の本質、それは、



「じゃああなたは本当は何がやりたいの?」



ということです。

仕事がつまらない、つまらない言うのはいいけど、じゃあ



何がつまらなくないの?

何がおもしろいの?

何をやりたいの?



ここが事の本質であり、ここが一番重要です。

だってイヤな仕事を辞めること自体は簡単です。

明日から行かなければいい。家に居ればいい。ただそれだけのことで、「何もする必要などない」わけです。


でも「辞めて何がしたいのか」が明確でないと、一時期の僕のように、、、



朝11時に起きて風呂に入りファミコンをやり、

昼13時になって昼飯を作って食べ、

昼14時になってファミコンをやり、

夕方17時になって新宿歌舞伎町や横浜伊勢佐木町などの怪しげな匂いの漂う街を徘徊しつつ缶ビールを飲みつつ街ゆく怪しげな人々を観察し、

夜19時に帰宅して夕飯を作って食べ、

夜20時からビールを飲みながらセイキンTVをボーっと眺めていると知らぬ間に深夜24時になり

コンビニに追加ビールを買いに行ってセイキンTVをボーっと眺め、

深夜3時頃にメラトニン(睡眠サプリ)を飲んで眠りにつき、

朝11時に起きて風呂に入りファミコンをやり、、




という生活を延々とリピートしているうちに知らぬ間に時が流れ、、、




といったような「目的もなく、ただただ心肺機能が勝手に動き続けているだけ」の生活に陥ってしまう可能性があるからです。

もちろん、病気などで一時的にそんな生活をすることもあるかもしれません。

が、病気でもないのに「自分は何がしたいのか?」が明確でない状態で「つまんないなら辞めればいいじゃん」のみを実行に移してしまうと、大なり小なり上記に似たような生活がほぼ確実に待っています。


あなたに問います。


あなたがしたいことって何ですか?



もし現状が「本当はやりたくもない、つまらない仕事」なのであれば、じゃあ


「どんな仕事であれば、やりたい、おもしろい仕事」と感じますか?


ここが明確になれば、ほとんど全ての問題が解決します。

今の状況に対する「捉え方」も変わります。


どういうことか?



仮に今あなたは、入社2年目でまだまだ雑用チックな仕事ばかり回されている状況だとしましょう。

そしてあなたのやりたいことが、その会社の営業としてバリバリ契約を取ってきて営業成績1位になることだったとしましょう。

その会社の文化では、入社3年目くらいまではほとんど雑用しかやらせてくれない会社だったとしましょう。

営業成績1位が「真のやりたいこと」なのか、とか、そんな会社が本当にあるのか、というのはいったん置いておいて、

仮にもし「この会社で営業成績トップ」になりたいと思っていて、そしてその過程として最初の3年間の雑用があり、そして今その雑用をしているから

「仕事がつまらない」

というのであれば、「あと1年経てばいよいよ営業の仕事させてもらえるんだから、あと1年間続けてみればいいじゃん?」


になりますよね?

もっと言えば、


「雑用でもダントツ1番になって上司や同僚に一目置かれる存在になっておけばいいじゃん?」


になります。

だって「そもそもやる気ない、能力ない」社員と思われるよりも、「こいつは何でも一生懸命頑張るやつだ」と思われたほうが、どう考えても優遇されますから。

*もちろん酷使される可能性も使えるだけ使われる可能性もありますが、それはその会社がどういう会社かによります。今回はわかりやすく、今いる会社が「マトモな会社」だったと仮定します。



じゃあ続ければいいじゃん?


これまで以上に、やり過ぎだと思えるくらい、ガンガンやってみればいいじゃん?



と、なりますよね?


つまり、「今現在の具体的な業務内容はつまらないけれど、その先に自分のやりたいことが待っている」のであれば、

それは「やりたいことの一部」「やりたいことの準備段階」です。



逆に、今現在の具体的な業務内容うんぬんではなく、そもそもその会社の事業内容や、会社のビジョンや方向性、この先待っているであろう業務内容自体が「つまらない」と感じているのであれば、


「とっとと辞めて、やりたいことをやりましょう」


となります。


つまらないなら、つまらなくない仕事をやればいいじゃん?


です。

この場合は、まずは「やりたいこと」を明確にして、そして後はそっちの道を進むのみ。具体的にどうやったらその「やりたい仕事」にたどり着けるのか、なんていうことは、本当にやりたければ勝手に見えてくるものです。


「そんなこと言われても、自分は何がやりたいのかわからない、、」


という人は、「やりたいことがない」と悩んだら、まずこれやってみては?という記事で具体的な見つけ方をお話しているので、参考にしてみてください。



「今の仕事がつまらない」の「本質の本質」は「あなたは何がやりたいのか?」です。


少しでも参考になればうれしいです。

ではまた。

応援してます!

人生を変えたい
PS. 僕のメールレターでは現在「自分を上手に表現する力を手に入れて、理解者に出会える自分になる方法」をお伝えしています。

理解し合える仲間たちとみんなで前に進んでいく人生。あなたも手に入れませんか?

是非下のフォームから登録してみてください。

「理解者に出会える自分になる」
無料メールレター受け取り登録
メールアドレス 必須

理解者に出会える自分になろう
タイトルとURLをコピーしました