脱サラ起業という選択肢から始めるヘンテコ生活のススメ(4/8)

ヘンテコ自己紹介

前回の記事の続きになります~

怪しくも淡い期待を抱かせる、ネットビジネスなる稼ぎ方。



そんな稼ぎ方があると知って3ヵ月、僕はある程度の情報を吸収して、それなりに詳しくなっていた。


とりあえずアフィリエイトが良いらしい。

資金も不要だし、顧客対応もないし、ただただ記事を書くだけ。これなら自分でもなんとか出来そうだ。

そう思って、数あるアフィリエイト教材の中から、おそらくこれがベストであろうと見込んだ教材(情報商材)を3万円で購入した。


僕の「ネットビジネス」生活がスタートした。



怪しいので、もちろん知り合いにはあまり言わなかった。

でもそもそも僕はバンドマンだったので、みんな大なり小なり「怪しいバイト」等をやって食いつないでいる連中ばかりだったこともあり、

バンド時代からの友人には、僕がネットビジネスを始めたことを伝えた。


え~3万も払ったの!!!



高け~!!

各所からそんなリアクションが返ってきた。

それからというもの、平日は会社から帰宅してから夜寝るまで、そして休日は一日中、


エグザイル 最新アルバム 最安値はここ!!



みたいな、価値の高い、読みごたえのある記事を、ひたすら書き続けた。

と、自分に思い込ませて、内容の薄いクソブログを一日10記事、20記事、100記事と、とにかく大量に量産をする日々だった。


初月で3万円稼ぐことが出来た。



が、正直同じようなクソつまらない記事を、たかだか3万円を稼ぐためだけに寝る時間も削って、休日も返上して、書き続けるのはなかなか大変だった。


確かに稼げる。

少しだけ稼げる。

でもちょっと疲れてきた。


そんなこんなで2ヵ月くらい経ったころだった。

15年くらい前に付き合っていた彼女とたまたま会って話す機会があった。

「俺さぁ~、もうバンド辞めて今はサラリーマンになったんだけど。もう最高につまんないし先も全然見えないし、自力で稼ごうと思ってさぁ。アフィリエイトっていうの始めたんだよね~」


「へ~。あんた相変わらず変な人でなんか安心したわ笑」



そうこう話していると、どうやら彼女の昔のバンドメンバーで、僕もかつて仲の良かった男が、今「謎の自営業」をやっていてどうやらなかなか羽振りが良いらしい、という情報が入ってきた。

「たしかアイツもアフィリエイトとか言ってたかもしれない。あれ?デイトレーダーだったっけ?忘れちゃったけど。」

僕はその晩、その男に10年ぶりくらいに連絡を入れた。


男との再会



僕「おお久しぶり~。俺いまアフィリエイトっていうの始めたんだけどさ~」

男「アッ!アフィリエイトー???俺ももう3年くらいやってるよ!今は月収300万になって会社も辞めて自分の会社立ち上げたよ!!」

男は興奮気味にそう答えてくれた。


焼き鳥とキャバクラとアフィリエイト



男は昔からいいヤツだった。

男は、昔からキャバクラが好きだった。


「とりあえず今度キャバクラ行こう!いろいろ教えてやるよっ!」

そう言って、男は僕に焼き鳥とキャバクラとアフィリエイトの情報をおごってくれた。

それからというもの、男と僕は、毎週のように夜な夜な焼き鳥を食べ、キャバクラに行き、アフィリエイトで稼ぐための話をした。

もちろん、全部彼のおごりで。

知り合いの社長を紹介してくれたり、いろいろ良くしてくれた。

男よ、ありがとう。

そうこうしているうちに、さらに3ヵ月ほど経ち、僕のアフィリエイト収入は


相変わらず月収3万円だった。



こりゃあもうダメかも・・・

俺にはちょっと無理だったかも・・・


そう思った僕は、「別のアフィリエイト手法」に手を付けた笑。

新たに3万円の教材を買い、新たにブログを立ち上げて、新たに記事を書き始めた。


「お役立ちブログ」への挑戦



今回は「エグザイル 最安値はここ!!」みたいな阿呆な記事ではなく、「お役立ち記事」をたくさん書いてアクセスを集めましょう、みたいな手法だったので、前よりも記事を書くことは苦痛ではなかった。

1ヵ月経つと月収5万円、

3ヵ月経つと月収30万円、

半年くらい経つと月収50万円、

そのあとは片手間にやっているだけで、毎月自動的に50万円以上、みたいな夢物語をそのまま信じて僕は来る日も来る日も記事を書き続けた。


夢を信じて脱サラを決意



そして1ヵ月くらい経った頃、

よしっ!俺はこれで会社を辞めて独立してやる!!

もうあんな先の見えないつまらない仕事はやめよう!!

そう決心して、社長に退職したい旨を伝えた。


3ヵ月で月収30万



繁忙期なのであと3ヵ月だけ続けてほしい、と言われたので、僕は

「じゃあその3ヵ月のうちに月収30万は自力で稼げるようになってやる!」

と思い、ブログ記事を書き続けた。

ぜったいにアクセス数を増やして、稼げるようになってやる!

雨の日も風の日も、僕は記事を書き続けた。

そうこうしているうちに3ヵ月が経ち、僕は無事退職して「独立・起業」した。


アクセスは、来なかった。



もちろん多少のアクセスは来ていたが、とてもとても30万の収益が出るような数には達していなかった。

いまだに月収3万円くらいだった。

こうして、僕は独立・起業をし、月収が20万円から3万円になった。


保険が、高かった。

年金が、高かった。

市民税が、高かった。


3万円しか稼いでないのに、税金を毎月5万円支払うことになった。


「あとリボ」くんと「リボぞー」くん



ここから僕の「稼ぐ額より使う額のほうが高い」生活が始まることになった。

サラリーマンを辞める前に、あらかじめクレジットカードを10枚と、消費者金融カードを2枚、作っておいた。


まあ借金500万まではなんとかなるww

まさかその後、本当に借金が500万円になろうとは思っていなかったが、、


月収100万円に、俺はなる!



とりあえずなんとかなるし、俺はなんとかしてみせる!

海賊王に、俺はならないけど、でも

月収100万円に、俺はなる!!

そんな根拠も実績もない意味不明とも思える自信で、月収3万円の僕は新たな大海原に乗り出した。

~次回に続く~


タイトルとURLをコピーしました