みんなのモチベーションを下げるような言動を取る上司に苦悩した

【読者投稿】職場の悩み体験談

お世話になった人に憧れて、この職に就きました


私はスポーツでケガをした経験があり、その時にリハビリテーションの方のお世話になりました。

その頃からリハビリの職業に就きたいと思い、専門学校に進学し、国家試験に合格しました。

希望の職場に勤務することができ、期待と不安を抱えながら働き始めました。

私は患者様に良いリハビリを提供するために、研修会に参加したり教科書を読み漁ったりし、自己研鑽に努めていました。

何より、学生時代は周りにやる気のある先生・同級生が多く、リハビリ=生涯学習が重要というイメージが出来上がっていました。


就職してみると、実際の現場は想像と違っていた


しかし、私の職場はそういった雰囲気がなく、特に努力せず日々の業務をこなしている印象でした。

中でも、私の部署のリーダー格であるAさんは「自己研鑽することに意味がない。お金の無駄だ」という考え方の持ち主でした。

そういった考えを持つ人もいるのは仕方ないと思いますが、その考えを後輩がいる前や患者様の前でも言ってしまうのです。

Aさんは優秀で、仕事ができる人間でした。

しかし、人の好き嫌いがはっきりしており、嫌いな人に対する態度がひどく、挨拶されても無視をするといった対応をする方でした。

同じ部署の先輩・後輩関わらずAさんに嫌われないようにするため、Aさんの考え方には反論も言えず、同意するしかありませんでした。

私も嫌われないよう、その場は周りに合わせて同意していました。

嫌な気持ちを抱えながら自己研鑽を隠れて行っていました。

私の職業は5年間研修会に参加しポイントを取得し、症例報告と試験を受けると「この人は努力を欠かさず業務を行っていました」という証明がもらえます。

私はその証明をとることを1つの目標としていました。


そんな現場で、誰にもバレないように隠れて努力を続けた


ようやく5年間が経ち受験資格が得られましたが、そのことを周りには言わず、密かに受験しようと思っていました。

何より、Aさんに伝わらないように気をつけていました。

試験勉強は自宅に帰ってから行いましたが、症例報告は職場でないとできないので、業務後に職場に残って作業をしていました。

そうなると、周りの人たちが帰宅してから残らなければならなかったので、みんなが帰宅するまで残らなくてはなりません。

無意味に残っていると目立つので、仕事が残っているふりをしたり、場合によってはトイレで時間を潰したりしていました。

なんだかんだ試験に合格しましたが、誰に褒めてもらうわけでもなく、証明を取得したことも公には公表していません。

どんな考え方を持つのも自由ですが、頑張っている人を馬鹿にするような発言はしないようにしてほしいです。

特に、立場が上の人は意見力が強いので、気を付けてほしいです。

20代男性、静岡県

タイトルとURLをコピーしました