営業部と総務部が対立していて、まったく連携が取れていないんです

【読者投稿】職場の悩み体験談

こんにちは、早川です。

今回は、20代女性の方からの「部署間が昔から対立していて、業務に支障が出て困っている」というエピソードをいただきました。


入社してみると、なぜか総務部と営業部が対立していた


私が職場で体験した悩みは、所属部署と他部署の派閥です。

私が所属していた総務部、営業部、それから職業柄特殊な部署であるA部の3つの部署で会社は構成されています。

派閥関係は営業部が特に孤立していて、総務部とA部は問題なく連携して業務に取り組めていました。

最初に不審に思ったのは、入社した後すぐに総務部の先輩から「営業部とはあまり深く関わらないようにね。それと営業部の仕事を手伝ったりしなくていいからね。」と言われたことでした。

何故そのようなことを言われたのか先輩に尋ねてみると、営業部とは仲が悪いから、業務の連携が取れないからと言われました。

私はまだ入社したばかりで、挨拶をしに行った程度で、営業部の人たちがどのような性格でどんな態度なのかわからず、とりあえずは先輩に言われた内容を頭に入れておこうと思いました。


この人達っていったい・・・


営業部と総務部はフロアが違うので、連絡事項がある時は、基本的に内線電話で連絡をしていました。

ある日、総務部のBさんが営業部の事務員さんに内線をかけていました。

内容は事務員さんがミスをしているので、前の工程からやりなおして再提出してほしいというものでした。

そこまではよくあることだと思うのですが、どうやらBさんは内線を切った後から機嫌が悪そうで苛立っていました。

Bさんは普段私にとても優しく、仕事の相談や世間話など話しやすい人だったので機嫌が悪いBさんを見て私はとても驚きました。

どうしたのか聞いてみると、「ミスしたことを認めない、それどころか謝りもしない。営業の人達は総務部を下に見ていて、偉そうにするし、態度が気に入らない。」とのことでした。

確かに、Bさんが怒る理由は妥当だと思ったので、Bさんのことを肯定しつつあまり営業部の事務員さんのことを悪く言わないようにしました。


私が話してみると、営業部の事務員さんはいい人だった


後日、営業部の事務員さんに仕事を頼まれることがあり、会話をしましたが丁寧な頼み方と笑顔が印象に残り、Bさん達が言っていたような悪い感じはしませんでした。

しかし総務部は、営業部の事務員さんだけでなく、営業部の部長や社員も総務部と仲が悪く、ハンコを押印する契約書の返却が遅かったり、担当業務についての質問に適当な回答をされたり、数えるとキリがないほど嫌なところがあるとのことでした。

総務部のメンバー同士は仲が良く、私自身とても話しやすかったのでとても好きでした。

だからこそ味方になりたい反面、営業部とも波風立てずになんとか過ごしたいなとも思っていました。

しかし長い期間、お互いの部署同士で仲が悪く今更話し合ったり、悪いところを改善しようという雰囲気はなく、どうしたものかと悩んでしまいます。

20代女性、神奈川県


コーチング的視点から見て


エピソードありがとうございました。

残念ながら、こうした部署間対立はよく聞くお話です。

おそらく昔何か原因となる事件があったのだとは思います。

が、これでは「私のグループとアイツのグループは無条件で敵だから!」のような中学生女子の幼稚な対立と全く同じであることには違いありません。

こういう問題って「それだけ無駄な時間とエネルギーが取られる」ということで、それって誰が得をするのだろう?誰のためになるのだろう?

と「普通の人」は考えるはずです。

が、恐ろしいことに、内部に長く居続けると、そんな「普通な」「当たり前な」感覚が鈍ってきてしまい、本人たちも気づかないうちに中学生のIQ以下になってしまっている。そんな状況ではないでしょうか。

明らかな機能不全が目の前にあるのに、それを「解決させる」方向に頭がまったく回っておらず、「この状態を維持させる」方向のみに行動してしまう。

原発が自分の国で爆発しているのに、「原発は安全です!」と毎日テレビをにぎわせていた人たちを思い起こさせます。

一歩外から見れば小学生でもわかることが、中に入っているとわからない。

じゃあそれを「新人のあなたが解決しなさい!」というのは、うまくやれば出来る可能性はゼロではありませんが、でもちょっと酷だと思います。

もちろん今充実していて、自分はここで活躍する、という目標があればそれも素晴らしいですが、もし要らぬストレスが大きいようなら、「自分には別の道もある」と視点を広く持って未来に向けて行動していくのも良いかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました