職場の休憩時間のルールがあまりにも不公平で

【読者投稿】職場の悩み体験談

こんにちは、早川です。

今回は、20代女性から投稿いただいた「職場の休憩時間問題」に関するエピソードです。


職場では、私以外は全員喫煙者でした


私がいた会社自体は全国にあるのですが地方の支店は従業員7人ほどで少人数制。

私の職場は、女性は私だけ。

後の男性は皆喫煙者。

タバコ休憩中に電話が鳴り、喫煙所までわざわざ呼びに行くのが非常にめんどくさい。

さらに私がわざわざ喫煙所の煙もくもくの所に行くにあたって無意味に副流煙に当たる事に納得ができませんでした。

さらに事あるごとにタバコを吸いに行く人たちに対して不満がありましたが、私は何も言いませんでした。


しかし、私の休憩時間にも文句を言われました


45分の休憩時間を42分使っていたのですが、それが長過ぎると言われました。

あなたたちの喫煙時間はかりましょうか?と本気で言いたかったですが、それをすると仕事にも支障が出るし、自分が不利になりそうでしたので言わずにこらえ、懲りずに42分休憩していました。

しかし、私もついに口を開くときがきました。

事の発端は、皆が恐れるNo1営業マンAさんからの一言。

Aさんは所長の次に役職が上の人です。

さらに営業成績も全支店合わせてもトップ10に入るくらい仕事ができる人。

うちの支店でAさんがいなくなったら営業成績はがた落ちになるでしょう。


思い切ってAさんに言い返した


年齢は私より7個ほど上。

性格は豪快。

ある日私が給湯室でこっそりチョコレートを食べていました。

「お前なにお菓子食べているんだ。仕事中だぞ。」

私が長時間食べていたらまだしも少し食べていただけです。

普段怖くて言い返せない私ですが本当に納得ができず言い返しました。

「Aさんだってタバコ休憩しに外に行っているではないですか。タバコはよくてお菓子はダメなんて納得できません。」

まわりの空気がシーン。

私は内心かなりビクビク。

Aさんに初めて言い返しました。


私はもう耐えられなかったんです


社会に出ると、正しい事言えばいいって事じゃないってのはわかっています。

でも私も耐えられませんでした。

そしたらAさんが所長に告げ口をしました。

「所長どう思います??田中さんこんな事言ってますけど」

いや、あなたの方がこんな事ですよとは言えず、私は黙っていました。

そしたら所長は

「いいんじゃない?俺らだってコンビニよって買い物するし、田中さんが言うように俺らはタバコ吸うし。お客さんから見えなければ少しの時間なら問題ないでしょ。」


ちゃんと自分の意見を言って良かった


当然と言えば当然ですが、上司は私とあまりウマがあわないし、私はよく怒られていたので、どうせAさんの味方するんだろうと思っていたんです。

Aさんと所長は昔からすごく仲良くて。

このようにありえない価値観を持っている人がいるのも社会人。

あの時ちゃんと自分の意見を言って良かったと思いました。

確かに自分が我慢すれば事がうまくいくことっていくらでもあります。

しかし、たまにははっきり自分の意見を言ってまわりに自分という人間性をちゃんと見てもらうのも大事かと思います。

20代女性、茨城県

タイトルとURLをコピーしました