結婚資金の調達方法で悩んだ結果、あるルールを決めてみた

【読者投稿】恋愛・結婚の悩み体験談

こんにちは、早川です。

今回は20代男性から投稿いただいた「結婚資金の調達方法」に関する悩み~解決のエピソードです。


恋人との結婚費用は誰がどう負担するのか


結婚で多くの方が悩むのはお金のことだと思います。私も同じでした。

私には大学生の頃から付き合っていた恋人がいました。

彼女にはおよそ400万円の奨学金がありました。

当時の私は実家暮らしで毎月貯金していましたが、彼女の方は一人暮らしでなかなかお金のやり繰りが大変そうでした。

お互いに結婚を意識すると結婚式の費用が気になるようになりました。

色々と調べていると結構な金額になることが分かってきます。


彼女の実家は裕福ではなかった


私の家は、世間一般からするとまだ裕福だったので親が援助すると申し出てくれました。

一方で恋人のご両親はとても良い方々なのですが、あまりお金に余裕がある様子ではありませんでした。

そういった話は以前にも恋人から聞いていました。

私の貯金全部と親の援助を使って結婚式を挙げる…不可能ではありません。

しかし、恋人や恋人のご両親が負い目を感じたりしないだろうか?


色々と考えてしまいました。


同棲して金銭感覚を揃えることから始めるのは?

そんなことをモヤモヤしばらく考えていると、ある日閃きました!

いっそのこと同棲して互いの金銭感覚を擦り合わしていきながら、一緒に結婚資金。貯めたらいいんじゃね?

ある意味理にかなっていますが、突拍子もない考え方です。

恋人に自分の考えを伝えると「いいじゃん!」とのことでした。

相手のご両親に同棲について伝えるとOKでした。

(上記の理由は伝えていません、負い目を感じさせてしまったらいけないと思ったので…)


自分の両親が難色を示した


しかし、自分の両親は意外に難色を示しました。

「相手のご両親は納得してるの?」とか根掘り葉掘り聞かれます。

私自身聞かれたことに対して答えますが、日頃の行いが悪いせいか、あまり信用されていないようでした。

自分が将来、恋人との結婚について計画的に考えているということを熱心に伝えてOKをもらいました。


同棲スタート


住む場所もお互いの職場の中間に位置する場所に部屋を借り、同棲スタートです。

家事に関してはお互いの得意・不得意がある程度分かっていました。

僕は料理が得意だけど、掃除・洗濯は全然ダメ…

恋人は料理は苦手だけど、掃除・洗濯は好き!!

家事分担は自然と分業することができました。

次に一番の問題…お金です。

お互いになるべくストレスを感じずに、いかに結婚資金を貯めるかというのが課題でした。


貯金のルールを決めた


とりあえず一ヶ月の2人の生活費(家賃、水道・光熱費、食費、日用品等)は僕が全部払い、恋人はその半額の2分の1を自身の口座へ、もう2分の1を私の口座に貯金するというルールにしました。

またボーナスは互いに手取りの半額を各自の口座に貯金するというルールにしました。

非常に上手くいきました。

互いの小遣いや交友関係をきつく縛りつけるルールでもなかったので、共にストレスを溜めるということはありませんでした。

結婚資金の形成を目的とした同棲生活を2年続けた後に入籍、その1年後にハワイのコオリナリゾートにおいて、2人で結婚式を挙げました。

20代男性、東京都

タイトルとURLをコピーしました