人生つまらないと感じる30代が人生を好転されるための脱洗脳ワーク

人生を変えたい

こんにちは、早川です。

今回は、「人生つまらない」と感じている30代がこれからの人生を大きく好転させていく時に必要な「脱洗脳ワーク」の一つを紹介します。

脱洗脳というとちょっと言葉が大きいですが、要するに「とらわれからの解除」をしていく作業です。

今回の記事では特に「当たり前は当たり前ではない」ということを知って「過去に身に付けてしまったマインドの“とらわれ”」を捨てていく、という内容についてお話します。


マインドのとらわれとは?


マインドのとらわれとは、これまで30数年生きてくる中で、あなたのマインド(心と頭)が「そうだと受け入れて」しまった考えや価値観、自己イメージなどのことです。

例えば、、



私ってこういう人。

日本人ってこういう人種。

女ってこうだよね。

男ってこういう感じだよね。

とか、

高い物はいい物だ。

法律は絶対に犯してはならない。

挨拶はして当然だ。



とか、そういったもの全てがある種の「とらわれ」です。

自分の中で、「無意識に当たり前化」してしまったことで、よく言えば「学習」で、悪く言えば「洗脳」です。

そして「人生変えたい」「自分を変えたい」「もっと楽しい人生にしていきたい」と思った時に、強烈にその邪魔をしてくるのも、その「とらわれ」です。


とらわれはあなたの邪魔をする


例えばこんなこと。

ちょっと想像してみてください。



「自分はこれまで35年日本で生きてきて、一回も海外に行ったことがない。お金を貯めて何年か海外で暮らしてみたい。」



あなたはこんな風に、ふと思ったとします。


そんな時、あなたの中の「とらわれ」が起動します。


「あなたは英語もしゃべれないのに、生きていけるの?」

「犯罪に巻き込まれるんじゃないの?」

「そんなにお金貯められるの?」

「今の仕事辞めちゃうってこと?」

「帰ってきてから再就職できるの?」

「親に迷惑かかるんじゃないの?」



こんな感じで、あなたのとらわれは、「海外に住んでみたい」というあなたの希望を破壊してきます。

あなたが望む未来を、あなたが進まないように制御してきます。



望むところに行けない。

何も望めない。

つまらない。



だから、「変われない」んです。


でもホントは変われるんです。


でもそのためには「とらわれの解除」というちょっとしたコツが必要。

なんとなくイメージできましたか?

じゃあ一個ずつ「とらわれ」を見てみましょう。



「あなたは英語もしゃべれないのに、生きていけるの?」

とらわれ ⇒ 海外に住むのであれば、英語が上手にしゃべれて当然だ。でも自分は英語を話すことができない。だから無理だ。やめとけよ。


「犯罪に巻き込まれるんじゃないの?」

とらわれ ⇒ 海外は危ない。犯罪が多い。安全な日本のほうがいいに決まっている。だからやめとけよ。


「そんなにお金貯められるの?」

とらわれ ⇒ おまえは月収25万しかない。貯金だってたかが知れてる。そんなおまえが1-2年で何百万も貯金できるはずがない。おまえには無理だよ。やめとけよ。


「今の仕事辞めちゃうってこと?」

とらわれ ⇒ 海外に住むっていうことは仕事を辞めるということだ。これまで何年も働いてきた今の職場を辞めるなんて、どうにかしてないか?ぜったい無理だよ。やめとけよ。


「帰ってきてから再就職できるの?」

とらわれ ⇒ 仮に今の職場を辞めたとして、海外から帰ってきてから就職先なんてあるわけない。今の年齢で、おまえの経歴で、雇ってくれるところなんてあるわけがない。無理だよ。危険すぎるよ。やめとけよ。


「親に迷惑かかるんじゃないの?」

とらわれ ⇒ いい歳してそんな冒険して、親が心配するに決まっている。親だってもう若くないんだし、迷惑かけたら良くないだろ?やめとけよ。迷惑かけるよ。



どうでしょう?こんな感じの「とらわれ」が自分自身の中から沸々と湧き上がってきて、自分を希望通りの道に進ませないようにけん制してきます。


「とらわれ」は「事実」ではない


マインドのとらわれ、それは冒頭にもお伝えした通り、自分が「過去に」学習したり受け入れてしまったりした概念たちです。

過去にはそのとらわれが役立つ時があったかもしれない。

でもせっかくやってみたいことが見つかった「今から未来に向けて」、そのとらわれは本当にあなたの役に立つでしょうか?

過去には確かに「事実」だったかもしれない。

でもそれって「まだ訪れてもいない未来の」事実なんでしょうか?


未来の事実はいくらでも「作って」いける


仮に今日は独身だったとしても、来年は結婚している、という人はたくさんいますよね?

たしかに今日までの時点では自分は「独身」です。

でも来年の今頃には独身じゃなくなっているかもしれない。

「未来の事実」は「自分で作って」いくことが出来ます。


別に今日英語がしゃべれなくても、来年には日常会話レベルでペラペラになっていることは十分に可能です。

今月収が25万円でも、しっかりと調べて行動をすれば、今のご時世「稼ぎ方」なんていくらでも見つかります。

職場を辞めるのは違法ではありません。本当に辞めたければ辞めることは可能です。



30過ぎて思い立って海外移住をした行動力のある人間を、そして英語を使える人間を、採用してみたいと考える企業は必ずあります。

再就職なんてしなくても、海外に移住するほどの行動力と経験があれば、自分でビジネスを立ち上げることも簡単にできます。

海外に「日本の常識」を持ち込むから(夜中に酔っぱらって一人で暗い路地裏を歩く、等)犯罪に巻き込まれる、ということは確かにありますが、じゃあ現地人が全員犯罪に巻き込まれているのかといえば、そんな馬鹿なことはありません。

普通に暮らしている人がいるのだから、あなたも「現地の普通」に沿って暮らせばいいだけの話です。



親の心配をするのは悪いことではありません。

でももしあなた自身が親だったとして、自分の子供が楽しみややりたいことを見つけて活き活きとチャレンジしている姿と、先が見えずにツラそうに日々を送っている姿と、どちらを見るのがうれしいでしょうか?

本当に心配なら毎日現地から電話でもしてあげてください。


本当にやりたければ、やりようなんていくらでもある


人間って、幸か不幸か、まだやってもいないのに、「とらわれ」によって「全部が悪い方向に行く」ことばかりを想像してしまいがちです。

でも未来はまだ起こっていないから未来なわけです。

文字通り「未だ来ていない」から「未来」です。


自分で勝手に否定してしまったら、来る未来も来ません。



まだ起こってもいないことを悪い方向にばかり考えていたら、そりゃあ毎日ツラくなって当然といえば当然です。

でもラッキーなことに、「まだ起こっていない」からこそ「自分で勝手に作っていく」ことができます。

そう、あなたの勝手です。

勝手というより、「自由」です。

そう、あなたの自由なんです。

もちろん、「来年ジンバブエの首相になりたい」と突然思い立っても難しいでしょう。


もちろん限界というものはあります。


が、その限界を「ありえないほど低く」設定してしまいがちなのも、これまた事実です。

ジンバブエの首相はちょっと遠いですが、「新宿区議会議員」くらいであれば、現実的に可能です。やり方を見つけて、行動していけば到達可能なところにあります。


「月収30億円」はちょっと遠いと思います。

が、「月収300万円」くらいなら、十分に到達可能な場所にあります。


「石原さとみさんと結婚したい!」は、ちょっと遠そうです。

が、「一緒にいて楽しくて、お互いを補いあっていけて、そして石原さとみちゃんばりにかわいい女性と結婚して二人で素敵な生活を送っていく!」

であれば、ギリギリ到達可能です。


本当にそうしたければ、やり方なんていくらでも見つかります。


もちろん努力はいるでしょう。

パワーもいるでしょう。

でも「本当にそうなりたい」という思いが作り出すパワーはなかなかのものです。

なかなかのものなのに、それを「過去のとらわれ」で「起こる前に全否定」してしまっては、出るパワーも出ないというもの。

だからこそ、自分自身のとらわれから、自分自身を「脱洗脳」していきましょう。


自分を脱洗脳するための二つの問いかけ


脱洗脳ワーク。やり方はかんたんです。


「なんで?」

「ホントに?」



自分が「未来を否定する」ことを考えてしまったら、そう問いかけてみてください。



私は充実した人生を送れない人なんだ・・・


なんで?

ホントに?



きっといろいろな「細かなとらわれ」が出てくるはずです。



ブサイクだから。

お金持ちじゃないから。

オシャレじゃないから。

良家の生い立ちじゃないから。


根暗だから。

自分に自信がないから。

今まで付き合ってうまくいったことがないから。


ここら辺でちょっとツラくなってきます。


確かに心に痛みが生じます。

特にこんな風な「ネガティブなとらわれ」を「無意識から意識に上げる」と、けっこう心が疲弊します。

でもいったん意識に上げることさえできれば、こう問いかけることができます。


なんで?

ホントに?


一個一個、一つずつの「マイクロとらわれ」に対して、そう問いかけてください。

何度か掘り下げていくと必ず、


「昔そう言われたから」

「過去にそういう経験をしたから」



そんな根っこにたどり着きます。

そう、むかし人から言われたこと、昔経験して「真実だ」と受け入れてしまったこと。


それが、今でもあなたの無意識下には大量にあります。


そしてその多くは、今となっては「ゴミ」であり「邪魔」になってしまっているはずです。

あなたが「自分の希望する未来」に進もうと思った瞬間、とたんに無意識下で大量なゴミがあなたの邪魔をしてきます。

本当は事実では無かったり、本当はいくらでも変えることが出来たり、自分の小さな世界から一歩外に出れば「全然当たり前じゃない」ことを「常識」だと信じ込んでいたり。


今まではそれでもよかったのかもしれない。

でも「今から」はよくない。

「今から」はゴミでしかない。


ゴミなのだから、捨ててしまいましょう。


「マイクロとらわれ」を見つけたら、


「昨日まではそうだったかもしれない。でも今からは違う」

「自分はいくらでも変わることが出来る。」



そう言い聞かせてください。

できれば本当に心からそう思って言い聞かせてください。

でも最初はちょっと違和感があるかもしれない。だってさっきまではそれが「自分の当たり前」だったわけだから、違和感があって当然です。

最初は違和感があってもいい。そのうちそれも無くなります。


「昨日まではそうだったかもしれない。でも今からは違う」

「自分はいくらでも変わることが出来る。」



小さなとらわれを発見して、「なんで?」「ホントに?」で原因にたどり着いたら、あとは、それを「書き消して」「上書き」していく。そんなイメージです。


これからの人生は、自分で楽しくしていっていい


お風呂の中で、トイレの時に、通勤の時に、休み時間に。

自分のマインド(頭と心)の中で「書き消して」「上書き」を繰り返し続けてみてください。


一か月もすれば、だいぶ自分が変わっています。

三か月もすれば、気づくと周りの人の反応も変わっています。

半年もすれば、自分の希望していた道に進んでいくのが当たり前になります。


「人生がつまらない」のであれば、「自分で楽しくしていっていいんだ」ということが本心から思えるようになるための「30代が人生を好転されるための脱洗脳ワーク」。

ぜひ今から試してみてください!

人生を変えたい
PS. 僕のメールレターでは現在「自分を上手に表現する力を手に入れて、理解者に出会える自分になる方法」をお伝えしています。

理解し合える仲間たちとみんなで前に進んでいく人生。あなたも手に入れませんか?

是非下のフォームから登録してみてください。

「理解者に出会える自分になる」
無料メールレター受け取り登録
メールアドレス 必須

理解者に出会える自分になろう
タイトルとURLをコピーしました