[セミナー難民] 自己啓発本を読んでもセミナーに行っても、人生は変わらない。

人生を変えたい

「中絶が増えると凶悪犯罪が激減する。」


僕の教養が足りないだけなのか、はたまた日本ではあまり一般的に知られていない事柄なのかは知らない。



こんにちは、早川です。

中絶と犯罪数の相関関係。

けっこうビックリした。



アメリカの経済学者とニューヨークタイムズの記者とが書いた「Freakonomics」という本を読んでいる。

15年前に書かれた本で、去年MITのマイクロ・エコノミクスのオンラインクラスを受講(といっても無料なので誰でも見れるけど)していた時に、教授のオッサンがしきりに「Freakonomics」「Freakonomics」言っていたんだけど、去年の11月にたまたま新宿の紀伊国屋で発見したので買ってみて、そして今年の1月になってようやく読み始めた。




アメリカでは1990年代になって「突然」、それまでずっと昇り調子だった凶悪犯罪を含む犯罪数が激減した。

僕もちょうど2000年からアメリカ生活を始めたので、「ジュリアーニ市長の影響でニューヨークが安全になった」みたいな話はよく耳にしていた。



しかし著者のLivitt氏がよくよく研究してみると、1990年代の犯罪数の減少は政治や警察の活躍、経済の回復などとはほとんど相関関係が無いことが分かった。

一番相関関係が強いのは1970年代にいくつかの州でようやく認められるようになった「中絶」だった。

少なくとも1990年代の犯罪激減の直接的な原因となっているのは、「犯罪者として育ってしまう可能性の一番高い」属性の人々が「生まれなかった」ことだった。


みたいなお話。




ちょっと本題からそれてしまうので、興味があればこの本を読むなり自分で調べるなりしてみると面白いと思う。


というわけで、本題である「セミナー難民」的なる人々、要するに「人生変えたい系」の人々(僕自身も含む)が、セミナー企画者に食い物にされないためにどうしましょ、というお話に進める。



悩みや苦しみの方向性は百人いれば百人とも違う。

でもその悩みや苦しみを解決していく方法を探すにあたって、みな共通に持っていないといけない「共通の道具」はあると思う。

共通の道具はいくつかあるんだけど、今日お話しするのは、




「correlationとcausationの違い」を理解する、ということ。




correlation(コリレーション)は、「相関関係」。

causation (コーゼーション)は、「因果関係」。




「AとBに相関関係がある」というのは、AとBに「大なり小なり関係性がある」ということ。

「AとBの因果関係」であれば、例えばAという「結果」の「原因」がBである、ということ。




これって大学で一番最初に習う「科学が科学であるための基本中の基本」なんだけど、でも大学を卒業した人でも多くは忘れてしまっていること。

で、これをちゃんとわかっていないと




「○○するだけで人生が一気に好転する!」

とか、

「あなたが不幸なのは○○に原因があった!」

とか、

「最新の研究からわかった○○が!」



みたいな「因果関係が証明されてない」「因果関係はあんまりなさそうな」ことを鵜呑みにし、飛びつき、セミナーに行き、スクールに入り、

そして僕らはカモられて、僕らはカードローンで大金を払い、そして僕らは以前よりもさらに不幸になる。



そもそも「最新の研究」って誰がどこでどうやってした「研究」なんだよ笑。と僕らは突っ込まねばならない。




因果関係(原因と結果の関係性が科学的に証明されているもの)どころか、相関関係(なんらかの関係性)すら無い、ということだってよくある。



「100万円払った瞬間に人生が変わりました!」



と言っている阿呆は、初めて100万円も支払ったから気が動転して心拍数が上がり興奮状態になり、それを「多幸感」だと感じているだけだ。



相関関係というのは、例えば「身長の高い人は、体重も大きい」みたいなものだ。

身長が190cmくらいあれば、体重が80kg以上あってもまた当然と言えば当然だ。


身長と体重の関係性は「相関関係」はある。

でも「因果関係」は無い。




あなたは体重が32kgしかない。だから背が低いのだ。

まずは体重を80kgにしなさい。そしたら身長も190cm位になります。




はぁ~?バカじゃないの~・・・

となる。




身長の伸びる「原因」が体重の重さにあるわけではないことを、僕らは体感的に知っているから。



身長が伸びた原因は体重が増えたから。

そんなわけはない。


でも、

体重が増えた原因は身長が伸びたから。

というのは一部正しい。



身長が増えれば、それに伴い体の質量が増えるんだから、当然体重も増える。

けど、体重の増える原因は身長が伸びることだけなのか、と言えば、そうじゃない。




これは「身長の高さ」(A)と「体重」(B)に「強い相関関係」がある、ということにはなるけれど、だからといってAとBに「因果関係」がある、ということにはならない。




そんな視点で自己啓発本や自己啓発セミナーなんかと見てみると、

「究極の解決策」

なんて実は存在しないことがすぐにわかる。




あなたが今あなたの精神的状況になっているのには、たくさんの原因がある。


遺伝

幼児期の環境や親との関わり

成長期の環境や周囲との関わり

成人期の環境や周囲との関わり

さらには脳の構成(どこどこのパーツが大きい、この成分が少ない、など)




で、これって100人いたら100人とも違う。

大きく違う。


で、そんなものに特効薬など無い。

あたりまえだよね。





いろんなセミナーを渡り歩いても人生は変わらない。

いろんなスクールやコミュニティに大金はたいて入っても、人生は変わらない。

自己啓発本を読んでみても、人生は変わらない。




というと言いすぎで、


「○○したからといって」自動的に人生が変わる、ということはない。

と言ったほうが正確だ。




そもそも因果関係自体が無い手法が、あなた特有の状況に置かれているあなたに効くかどうかは、誰も約束できない。

相関関係さえ証明できていない手法が、あなた特有の状況に置かれているあなたに効くかどうかは、誰も約束できない。




ひどい場合は頭っから詐欺をする気満々のマーケターにより、あなたは食い物にされるだけだ。





自己啓発本を何冊読んでも、何度セミナーに通っても、何百万円支払っても、いっこうに人生変わらない。


ひょっとしたら、そもそもお勉強が足りていない。

足りていないので世の中が上手く理解できない。

理解できないので、変わろうとしても変われない。


相手が何を意図して何を言っているのかが、理解できていない。

理解できないので、変わるための行動に移せない。


そんな可能性があるのかもしれない。




じゃあそんな自分はどうすればいいのか?

僕は知りません。




「依存症体質」の人は、そもそも依存症体質自体を変えないと、おそらく人生は変えられない。

だって依存症体質なんだから。

100万円払ってセミナーに行って、なんとかなる問題ではない。




でもきっと、今これをここまで読んでくれたあなたは、そういう人ではないと思う。

なぜなら、そういう人は途中で読みたくなくなってページを閉じてしまうように、わざと冷たく書いてきたから。



で、そういう人じゃないあなたは、人生変えられると思う。


キッカケをつかんでほしい。




ちょっとだけ冷静になって、相関性(関連性)と因果関係(ホントに原因なのか?)を考えて、本を読んだりセミナーに行ったりしてみてほしい。



そしたら、ウソがわかるようになる。

そしたら、役に立つこととそうでないことが、見抜けるようになる。

新しい道は必ず見えてくる。





中絶をする「から」犯罪が減ったわけじゃない。


でも中絶を合法にしたことで、結果的に「自分は子供を産むべきでない」と判断する女性が子供を産まなくて済む社会環境が出来て、



その結果として犯罪者予備軍(恵まれない環境で、愛されない環境で育つ子供)が激減し、

結果として15年~20年後の世の中(そうした子供が生まれていたら犯罪が出来る年代になった頃)で凶悪犯罪が激減した。



あなたは何を感じますか?




「人生を変えたい」って、具体的にあなたは何をどのように変えたいんですか?




何をどのように変えたいか自分自身でもちゃんと説明できないものを、どこからの誰かが勝手に変えてくれると、本気で思いますか?




今日はうんこネタの入るスキが無かったようだ。

また会おう。




タイトルとURLをコピーしました