[思考停止自己啓発] 人生変えたい人が陥るコーチングなる大いなる幻想。

マインド

「私はコーチングに出会い、ハッピーで楽しい毎日を送っています。」

「私はコーチングを学び、とても明るく元気な自分に変われました。」



と口では言い、目が死んでいる人達がいる。




見るからに悲しそうな表情で、下を向き、元気がなく、服装だけは似合わない派手な服を着ている。

そんな人たちがいる。

コーチングのセミナーなどに行くと、そんな人たちをよく見かける。





「藁にもすがる思い」で、コーチングを「魔法」と勘違いして、大いなる幻想にとらわれてしまい、結果的に

去年となんにも変わっていない

人がいる。





でもその一方で、確かにコーチングを正しく理解して、正しく取り入れて

去年から大きくパワーアップしている

という人もいる。

コーチングを通して出会った知り合いや仲間たちの中には、そんな人たちも確かにいる。



今回はそんなお話です。





仮に、「吉田さん」とでもしておきましょうか。

吉田さんは言う。


「私は、コーチングを学び、セルフトークをコントロールする技術を身に付け、そして自己イメージを大きく好転させることが出来ました。」

「今の私は、毎日がとても楽しく充実しており、悩みなど一切ない、明るい、前向きな人生を生きています。」



吉田さんは、口ではそう言う。

悩みの一切ない、明るく元気な人を、僕は見たことがある。

僕は知っている。


吉田さんの表情は、吉田さんの放つオーラ・雰囲気は、そんな「明るい人達」とは似ても似つかないのはなぜなのだろう。




吉田さんは、本当に楽しい毎日を過ごしているのだろうか。



僕は言う。

「それはすごいっす!吉田さんすごいっす!」

「セルフトークのマネジメントって、意外とけっこう難しくないですか?」



吉田さんは言う。

「いや、僕なんか全然ダメなんですけど、なんとか頑張ってます。。。」




おや?

おやおや?

おやおやおや?





「セルフトーク」とは「自分で自分に言っている、声に出さない独り言」のことだ。

「自己イメージ」(セルフイメージ)とは、「自分で自分をどんな人だと思っているか」だ。



セルフトークをコントロールするとは、「自分で自分に悪口を言うのをやめる」ということだ。


「自分で自分を卑下したり、自分で自分の価値を下げたりするのをやめる」ということだ。




セルフトークをコントロールできている人は、


「僕なんか全然ダメなんですけど」


等とは言わない。

絶対に、言わない。

しかも、声に出して言わない。




自己イメージを高めている人は、

「僕なんか全然ダメなんですけど」

などと、そもそも思わない。



ここで「おおいなる矛盾」が発生したわけだ。




一方で「セルトークをコントロールできたので」と台本に描かれたセリフのようなことを言い、そしてもう一方で「僕なんか全然~」というアドリブが出てくる。



台本は、覚えれば棒読みできる。

でもアドリブでは、本当に思っていることが出てきてしまう。




そう。吉田さんはセルフトークのコントロールなどはなっから出来ておらず、吉田さんのセルフイメージは低いままだ。


「人生が変わりました」


という台本に描かれたセリフ、もっと厳しい言い方をすれば「呪文」を、思考停止状態のままオウムのごとく唱えているだけだ。




吉田さんは確かにコーチングを学んだ。

そして吉田さんは、コーチングで学んだことを「呪文」として覚えてしまい、実際に自分の人生を変えるためには全く使っていないのだ。




算数の九九を全て丸暗記した。

でもコンビニのレジでお金の計算が全くできない。


これでは九九を覚えた意味がない。

いやむしろ、これでは「九九を覚えた」とは言えないわけだ。




まったく同じことが、吉田さんの「コーチングを学んだ」に当てはまる。

多少なりとも使っていけば、多少なりとも効果がでる。

「呪文」として丸暗記したところで、全く使っていなければ、一切効果は出ない。


当たり前のことだ。




「日本の英語教育」みたいなものだ。

取り急ぎお受験で点数を取るために丸暗記した「呪文」では、迷子の外国人に簡単な道案内さえしてあげることが出来ない。



単語は知っているはずなのに、実は知っていない。

丸暗記しても、使えない。




逆に言えば、丸暗記などしなくても、多少理解が浅かったとしても「使えれば」なんでもいいわけだ。



吉田さんは大枚はたいてコーチングスクールに通い、「呪文」を「丸暗記」してしまった。

吉田さんの人生は変わっていない。




とても残念なことで、とてももったいない。

吉田さんにはもっともっとポテンシャルがある。

でも本人がそのことに気づけていない。

とても残念なことで、とてももったいない。






独学でコーチングを学んだ小島さんという人がいる。

小島さんはこう言う。



「私は現状を遥かに超えたゴールを作って、達成方法はわからないけどがんばってます!」

「私なら出来ると思ってます!」



言っていることは、呪文の吉田さんと大きくは変わらない。

強いて言えば、呪文の吉田さんは「コーチングの基礎の基礎」で、小島さんは「コーチング応用編」だ。




僕は小島さんに聞いてみた。


「現状を遥かに超えたゴールを持っているとは素晴らしい!」

「それで、ゴールへ向けての進み具合はどんな感じですか?」



小島さんのプライバシーがあるので、具体的な話はここには書かない。

が、小島さんは、普通の人が聞いたらビックリするようなことに次々と挑戦し、実際にその「遥か彼方のゴール」に向けて前進している人だった。

全く面識のない企業の社長に連絡を取り、「私と○○してみませんか!こんな素晴らしいことをやろうと思ってるんです!」とやってみたり、

小島さんが去年から始めた活動において、コーチングの方法論を上手に活用して、最小限の努力で最大限の実績を実際に出していたり、


実際にコーチングの方法論を取り入れて、誰がどっから見ても「ゴールに向けて大きく前進」している人だった。



小島さんは、実際に自分の人生を変えていくためにコーチングで学んだことを実際に日々の生活でこれでもかと活用している人だった。





コーチングは人間の脳の認知システムのカラクリをうまく活用して、人の本来持っているポテンシャルを引き出すための実用的科学だ。

呪文ではない。

魔法でもない。




生きる活力を大きくアップさせるための心理的仕掛けだ。



丸暗記したところで何の意味もない。

ほとんどわかっていなくてもちょっとでもヒントを得て、前に進んでいる人のほうがよっぽど素晴らしい。





「これさえ覚えれば!」は大いなる幻想だ。


「これさえ覚えれば」

「この学校にさえ受かれば」

「このポジションさえ取れれば」


「時間さえ経てば」

「20歳にさえなってしまえば」

「毎日本を読んでいさえすれば」



これらは全て「思考停止」的発想で、現実的に何の役にも立たない。

人生は良くならない。





理屈は、理解してから「昇華」させて、初めて意味を成す。

「理屈」を、実践可能な状態に昇華させるには、頭を使う。

思考停止ではなくて、「自分で考えて」「自分で試行錯誤して」、初めて「自分で使える」ようになる。





思考停止しているから、アイデアが出てこない。

思考停止しているから、気力が出てこない。

思考停止しているから、すべてがつまらない。


思考停止しているから、先が見えない。

思考停止しているから、全て他人のせいにする。

思考停止しているから、自分の不幸を社会がおかしいせいにする。




「違うよ、自分でなんとかするんだよ。」


それがコーチングの核の核の考え方だ。





「自分でなんとかするんだよ。」

とってもアメリカ的な考え方だ。

丸暗記教育の日本人にはちょっと馴染みの薄い考え方だ。




自分で考え、自分で決め、そしてその結果起こったことに対する全ての責任を自分で負う。

これがコーチングの核の核だ。




呪文を唱えて今にも死にそうな顔をしているのも自分の選択であって自分の責任。

とんでもないチャレンジをして前人未踏の変態的人生を送るのも自分の選択で、その結果どうなろうがそれは全て自分の責任。



「私はそんなに大層なことをしたいわけじゃないんだけど、、、でもコーチングで大層なことをしろと言われたので困ってる」とかなんとか言って何もしないで時間を無駄にしているのも、自分の選択であって自分の責任。




そういう自分は好きですか?

じゃあ嫌いではない自分ってどんなですか?


どっちの自分であるのも自分の選択で自分の自由。

あなたはどっちの自分でありたいんですか?






そうありたいならそうあればいいじゃん。

ただそれだけのシンプルなことだ。




自分がそうありたいのだからそうあればいいものを、「こう習ったんだけど、でも、、、」というのは思考停止以外の何物でもない。


習ったことをお経のごとく唱えているのは思考停止以外の何物でもない。






コーチングに大いなる幻想を抱いてもったいないことをしている人たちがいる。


コーチングは実用的科学なんだから、実用してなんぼだ。

ただ実用するだけなのに。

実用すればいいのに。




もったいないのお化けは存在しないけど、

死は必ず訪れる。





死が訪れる時、あなたは本当にそれでいいのか?




じゃあ実用すればいいのに。

実用するだけなのに。




マインド
PS. 僕のメールレターでは現在「自分を上手に表現する力を手に入れて、理解者に出会える自分になる方法」をお伝えしています。

理解し合える仲間たちとみんなで前に進んでいく人生。あなたも手に入れませんか?

是非下のフォームから登録してみてください。

「理解者に出会える自分になる」
無料メールレター受け取り登録
メールアドレス 必須

理解者に出会える自分になろう
タイトルとURLをコピーしました