孤独。3週間で解決しました ~孤独な僕は人類求めて 第12回

孤独脱出記 [人類求めて]

バイクの教習へと足しげく通っていたため、1週間ぶりのブログ更新となる。

こんにちは、早川です。


「孤独な僕は人類求めて」シリーズを開始したのが2020年1月9日。

本日2020年2月1日。


わずか3週間で、僕の人生は大きく変わってしまった。


人生激変した

と言っても過言ではないだろう。


今回で12話目になる「孤独な僕は人類求めて」



「孤独な人生からの脱却。」これは僕の今年の最重要ゴールだ。


「人生の大ゴール」に結びつく、非常に重要な「中間ゴール」だと言っていい。


12回目ということで、英語の数え方で言えば「1ダース」(1 dozen)になり、キリもいいことだし、今日はここまでの活動と成果を振り返ってみようと思う。

まずは1月9日時点の自分の状況と、本日2月1日時点の状況を、「ゴールに向けて」という観点から簡単に比較してみたい。


1月9日時点


・ゴールを共有した仲間:いない。

・趣味の仲間・知り合い:いない。

・コーチング関連の仲間:1名。

・恋人:いない。

・精神状況:孤独感。虚しい。寂しい。悶々。


*なお、僕の定義では「仲間」とは「お互いに良い影響を与えあえる、精神的な関係性・信頼性の高い人」のことであり、「薄~い関係性の知り合い」や「居ても居なくてもどっちでもいい、どうでもいい人」はこれに含まれない。



2月1日の本日時点で、僕は


・ゴールを共有した仲間:いない。

・趣味の仲間・知り合い:師匠1名。

・コーチング関連の仲間:2名+プチ・クライアント1名。

・恋人:めっちゃエロい女の子ちゃん1名。

・精神状況:至福感。楽しい。嬉しい。誇らしい。気持ちいい。


こんな塩梅となっている。

数字に書いただけではあまり変わらないが、「目標に向かって毎日確実に前に進んでいる」感覚が非常に強く、これからも引き続き仲間が増えていってある意味「当たり前」的な感覚を感じている。

ので増えるのであろう。

増やすためのマインドを持った自分になり、増やすための行動を日々行っているのだから、増えて当然だ。そんな感覚だ。


「仲間を増やすという意味でも良さそうだ」


と感じて、新しい趣味にしてみようとなんとなく思っていた「バイク」

気づけば教習は半分の行程が終わり、バイクは購入手続きを完了しており、駐車場もゲットし、あとは保険の契約と必要グッズを入手するだけだ。

なんだかんだで100万くらいかかった。


無い金で買い物が出来るとは、やはり21世紀の世の中は非常に便利に出来ていて、感動せずにはいられない。

無い金で買い物ができていなかったら、今の僕はいない。

そもそも僕はネットビジネスの塾だのセミナーだので持ってない何百万円ものお金を費やしてきた結果、やっと当たりくじを引くことができて生計を好転させられたのだから。



コーチング関連の仲間は、増えれば増えるだけ良い。



でも僕はやっぱり「仲間」を作りたいのであって「知り合い」が増えたところであまり大きな意味は無い。

Facebookの知り合いをたくさん増やしたところで、実際に顔を突き合わせて人生の話を深いところで出来なければ、それは「居ても居なくてもどっちでもいい、どうでもいい人」だ。

そんな人はやはり居ても居なくてもいいので、やっぱり僕は仲間を作り、仲間と歩みたい。

現実的物理空間を共有してこそ人間関係は深めることが出来るのであって、ネット上での「友達」など、仮に明日急に死んでしまっても誰も気づかないのだ。

そういうもんだろう。


そういうもんなので、


やはりリアルな場で勉強会なりセミナーなりに行って、リアルな場で実際に声をかけて話をして、

そしてリアルな場で実際にメシ行きませんか?飲み行きませんか?と誘って、

そしてリアルな場でメシを食って乾杯して、人生について深く話す。


仲間を作るには、時間がかかる。


時間はかかるけど、時間をかけてこそ、良い仲間になることができる可能性が高まる。

そしてそういう仲間をこの3週間で1人、新たに作ることが出来たことの意味は僕の中ではとても大きい。


恋人は、「仲間」とはちょっと違って


「増えれば増えるだけ良い」わけではないし、仮にそう思っていると女の子ちゃん達にブッ飛ばされ、良い恋人が出来ることは無い。

「うまいことやってる」男友達がほとんどであるのが実情だが、とは言え社会的には「一人だけ」居れば充分なのであり、「一人だけ」と深い関係性を作っていくことが「恋愛」である、ということにしておかねば、本音と建て前を使い分けることが前提となっている「世の中」という場所で、我々男性陣が上手に生きていくことは困難となる。

とは言え僕自身はあまり「うまいこと」出来ないし、「うまいこと」やるつもりもないので、一人との関係性のみ大事にしていけたらそれが良い。



恋人探しは、


「孤独な僕は人類求めて」第6回でお伝えした通り、無事1日で終わり、そしてその後も僕らは日夜関係性を育み、そして無事、2月1日時点で僕には恋人が居る。

日夜あんなエロいことやこんなエロいことをしているかどうかは、ここではお伝え出来ないものの、今後も関係性を深めていくのみだ。



「ゴールを共有した仲間」は、



定義が難しいけど、ザックリと分けて、いくつか種類がある。

「短期的ゴール」を共有する仲間と、「長期的ゴール」を共有する仲間。

僕の短期的ゴールは、今年のゴールである「孤独からの脱出」だ。

孤独から脱出して、「仲間と歩む人生」を開始しているのが僕の短期的ゴールだ。

このゴールを1月9日頃に設定して、たった3週間後の本日2月1日、すでにゴールは達成されている。ここまででお伝えした通り、僕はすでに仲間と歩み始めているからだ。

が、まだ「仲間と歩む人生」というには仲間が少なすぎるので、もうちょっと仲間を増やしていかねばならない。

その意味では「ゴール更新」が必要な時期になったということだろう。


今これを読んでくれているあなたが、次の仲間に


なるのかもしれないし、そうであったら素敵だな、と思う。

でも別に仲間になりたくなければならないでもいい。

なってもならなくてもどっちでもいい。

どっちでもいいのに、「敢えて」なることをお互い自主的に選択するという関係性こそが「仲間」が仲間たる大前提なのだから。

というわけで、そんなのが僕の短期的ゴールだ。


長期的ゴールは、


見えないことが多いものの、今現在の僕の長期的ゴールとしては、短期的ゴールの延長線上にある「人生状況」だ。

職業、趣味、ファイナンス活動、その他諸々全方位で、「各種仲間達」と前に進んでいる「状況」が、僕の現時点での長期的ゴールだ。

おそらく半年後には更新されているだろうけど、今はその方向に進んで日々を歩んでいるし、それがとっても充実している。

とまあ、そんなこんなで僕の人生は、より正確に言えば僕の「マインドの状況」は、3週間前とは比べ物にならないほど良い状態になっている。



一瞬で人生が変わる。


というのは、僕はあながち嘘では無いと思っている。

だってたった3週間前には「強い孤独感で心が苦しくて、寂しくて、なんだか悶々としていた」自分が、

さっぱり消えて居なくなっているんだから。


「辛い」「寂しい」「孤独」みたいな感覚は一切感じなくなっているんだから。



別に意図的に感覚を麻痺させたのではなくて、


「辛い」「寂しい」「孤独」が無い自分とはどんな自分なのか?

を想像して、そして想像したらそっちの方向に向かって進んだ。

ただそれだけだ。

目的地を設定して、その目的地に向かって進んだので、目的地に近づいた。

目的地は「良いところ」なんだから、当然目的地に近づいた自分の状況も「良く」なっている。

当然のことだよね。

そう。そんな当然のことを、当然のこととして「やればいいじゃん」。

これが「コーチング」なのだ。


コーチング的マインドの使い方ができれば、


「当然」のレベルが上がっていく。

上がっていくので、だいたいのことはなんでもすぐ解決できるようになる。

問題が起きても、問題が起きていることに気付けるようになる。

気付けるし、気付いたら解決するのが「当然」だと感じるので、当然解決に向けてすぐに動き出す。

改善に向けて動いていくのだから、当然解決する。


「なにを当たり前のことを言っているんだ?」

と思うかもしれない。



でもその「当たり前」がなかなかできなくて、人は悩んで苦しむのだ。



だから当たり前のことを、当たり前にできるようにするだけ。

当たり前のことを当たり前のこととして当たり前に出来る自分になるだけ。

当たり前は本当は当たり前なのに、でも自分自身ではそれが当たり前だと気づいていないからこそ悩んで苦しんでいる。

当たり前のことやればいいじゃん。

本質的にはただそれだけだ。

でもただそれだけのことを「ちゃんとわかる」ようになるためには、やっぱり訓練が必要だ。

ちゃんと理解して、ちゃんと使えなければ、本当の当たり前は自分の当たり前にはならない。

なので、ちゃんと理解して、ちゃんと使えるようになればいいじゃん。

本質的には、ただそれだけのことなのだ。



あなたの「当たり前」はどうですか?


あなたは、これまで誰かに勝手に植え付けられた「人生が辛くなる当たり前」を、植え付けられたことにさえ気づかないままこれからも大切にして生きていきたいですか?

それとも「人生をより良くできる当たり前」を、これからのあなたの当たり前として取り入れて、人生激変させていきたいですか?


あなたは、どっちが好きですか?

どっちのほうが、人生幸せそうですか?


どっちを選んでもあなたの勝手。

選ぶのはあなた自身。


あなたは、どっちを選びたいですか?


じゃあ今回はこの辺で。

また会おう。



タイトルとURLをコピーしました