物心ついた時から孤独で寂しいという気持ちが消えたことは無い

【読者投稿】孤独の悩み体験談

こんにちは、早川です。

今回は、20代女性からいただいた孤独の悩みエピソードです。


物心ついた時からずっと感じている孤独感



私は、幼い頃からずっと孤独感を感じていました。

生活は決して豊かではないですし、家族も複雑ですし。

それが理由で孤独なのかと言われると少し違うのですが、物心着いた時から、友達といる時など、楽しいはずなのに寂しいという気持ちが取れないのです。

自分の中のもう1人の自分が、客観的に見てるような感じで、周りの人が楽しそうにしてるのに、自分自身心の底から楽しめないんです。

私だけは違う空気のような。


孤独感から孤立し、孤立して余計孤独に



小学校や中学校に上がり、自分も周りの人達もだんだん自我が芽生えたりすると、人付き合いが下手で孤立してしまい、そこから、社会人になった今でも、人と接することが上手くできず、孤独感は強くなりました。

実際にクラスで孤立して寂しい時期もありましたし、職場の同期も、気づいたら離れていて、孤立していたというのもあり、孤独と孤立が合体して寂しかったです。

友達に話をしても心に絶えずある孤独という感情を理解してもらうことは出来なくて、その理解されないということが更に孤独感を強めてるような気もします。


職場でコーチングなるものを受けてはみたが・・・

職場でコーチングを受けた時がありまして、その時にコーチングの先生に話をしたら「一人っ子というのは、そういう感情があるから、受け入れると楽になるよ」と言うようなことを言われたのですが、あまり、スッキリしなくて、今現在も、誰といようがどこにいようが自分の居場所のないような感じの孤独を日々持ったまま生活しています。


家族全員が孤立して避けられている感覚



それから今でも何をしていても寂しい気持ちはあるのですが、家族とどこかに出かけた時は私だけではなく私を含めた家族全員が、なんだか孤立したような感情に襲われて、孤独とか、寂しいとか、悲しいといった、負の感情がすごく強く出るんです。

なので、家族と出かけた時に外食とかあまりしたくないです。

親戚とあった時とかも私の家族だけ蔑ろにされてるような気持ちになります。

親戚だから呼んでるけど、話はしたくないと思われてるような気持ちになります。

私だけが感じているのか、家族も感じているのかは怖くて聞けないのですが、私は常に感じています。


私だけ避けられているのでは、という感覚



それから、私が話をする時。

私が話をすると、周りの空気が淀んだような、まわりの人も静まり返ってるような雰囲気を感じるのです。

カラオケに行けば私が歌ってる時だけ空気が静かなように感じ、お店で品物を注文する時は私に対して店員さんの態度が違うような気がするとか、通りすがりでたまたま目が合った人が、なんか私に対して嫌悪感を感じたのではないかとか、少し有名な方にお会いすることが出来て、運良く握手してもらえたけれど、私の時だけ、空気が違うような気がしたとか、そういう感情からも、寂しさは孤独を感じるのです。


正直、生きづらい



そんな気持ちをいつも感じてるので正直生きにくいです。

いつか受け入れることが出来る日が来たら、楽になるのだろうなと思いますが、今は全然受け入れられる気はしません。

以上が、私が感じてる孤独についてです。


20代女性、東京都。


タイトルとURLをコピーしました