30代家庭持ちの転職活動で感じる孤独感

【読者投稿】孤独の悩み体験談

こんにちは、早川です。

今回は、30代男性からいただいた孤独の悩みエピソードです。


転職活動で感じる大きな孤独感



 昨今は、転職活動がしやすい環境であると思う。世の中には様々な転職サイトが存在し、さらに転職エージェントという職の方も居り、転職したい身としてはありがたい環境がそろっているからである。

私も転職をしたいサラリーマンの一人である。それ故、転職活動がしやすい現在の世の中に対し、感謝している。しかし私は転職活動を通じ、大きな孤独を抱えている。


30代の転職における大きな壁



 私の転職活動は、上手くいっていない。中断期間も含め、丸5年近く転職活動をしているが、転職出来ていないからである。

転職活動を始めた頃と現在を比較すると、状況が異なり一概には語れないため、現在抱えている課題をいくつか紹介する。

課題の一つ目は年齢である。私は年齢が30代半ばであるため、「30歳未満」や「35歳以下」という年齢制限に引っかかってしまう。

課題の二つ目は職務経験である。私は現在エンジニアであるが、転職先はエンジニア以外の職を希望している。これまでの転職活動を振り返ると、経験のない人間は門前払いの可能性が高い。

課題の三つめは学歴である。私は大卒であるが、それほど難易度の高い大学を卒業していない。それ故、学歴フィルターで篩にかけられている可能性がある。


社会から疎外され一人取り残された感覚



「40代のミドル層を募集」「人柄重視」「未経験者歓迎」等の募集要項をみて応募するのだが、上に挙げた課題により、なかなか書類選考を通過せず、面接に進むことができない。

書類選考を通過してもSPIで落選したり、運よく面接にいっても一次面接で落選したり、最終面接で落選したりしてしまう。このような状況が続くと、自分が社会という群れの中に入れず、一人取り残された感覚に陥る。


企業からも家族からも見放された感覚



最も辛いのは、家族の理解が不足している点である。家族は「現在の仕事が辛いのはわかる」「転職を応援している」と言ってくれる。

しかし同時に「現在住んでいる場所から離れたくない」「現在の年収を下げないで欲しい」といった要望も言ってくる。このことにより、私の転職活動の門戸は狭くなっている。

一度だけ、やっと内定がもらえたことがあった。しかし現在の場所から引っ越すのが嫌という理由で反対され、泣く泣く内定を辞退した。このときの落胆度合いは、言葉では表現できない。


 企業から見放され、家族からの理解も得られない現在の状況は、八方塞がりである。自分は誰からも必要とされていないと感じ、強く孤独を感じる。

社会人になる前、自殺をしたサラリーマンのニュースを見る度、「そこまでしなくて良いのに」と感じていた。しかし今では、サラリーマンの気持ちが痛いほど分かる。


30代男性、神奈川県


タイトルとURLをコピーしました