人生で友達と呼べる人が一人も居なかった。でもそれで死ぬわけではない。

【読者投稿】孤独の悩み体験談

こんにちは、脱孤独コーチングの早川です。

今回は30代男性からいただいた孤独の悩みエピソードです。


友達とは何なのか?



“友達”とは一体なんなのでしょう。

友達や親友など、血縁ではない人達の繋がりならただの知人や知り合いという括りでいいのではないでしょうか。

知人と友達の何が違うというのであれば、自分がその人と一緒に居て嬉しい・楽しい気持ちなれる、安心できると感じることができるということなのでしょう。

もしかしたら嫌々その友達と繋がっているという場合もあるかもしれません。

友達がいても、自分が嫌な気持ちになるのであれば、いなくてもいいのではないかと考えています。

だって、死なないですから。


友達の作り方がわからない



昨今では若い人の間で、学校が終わってからもスマホで友達と常に連絡を取り続けるという話も聞きます。

そこまで友達と繋がりたいのは何故なのでしょう。

私は高校生の時から友達がいませんでした。

いや、作ろうとしなかったのです。

何故かというと友達の作り方を知らなかったからです。

知らなかったというと可笑しな話ですが、変なプライドが邪魔をして一歩踏み出そうとしなかったのです。


ネットで出来た友達は、結局友達にはなりえない



大学生になっても、結局友達を作らずにいました。

その後、共通の趣味を通してネットで繋がった遠くの人と友達になったりしましたが、ネットで繋がっていると結局その人の顔も人となりもはっきりしないままお別れしました。

結局、私は友達を1人も作らずにいます。


孤独だが、それで死ぬわけではない



友達がいない孤独をわかっていても、特に寂しく感じないのは家族の存在が大きかったのだと思います。

様々な家族の形があるのでしょうが、私の場合はなんでも話せる家族がいて、こんな私を受け入れたというのが一番大きいと痛感しています。

あと仕事をしていると良くも悪くも他人と関わる為、人と交流がないというのはなくなります。

友達を持つメリット、何かを共有できる楽しく気兼ねなくおしゃべりでき、新たな世界を見せてくれることだと思います。


それでも私は生きている



友達の括りは人それぞれであり、どう基準とするのかその人次第になっていきます。

自分は友達と思っていたけれど、相手は思っていなかったなどもあります。

明確に目に見える形がない分、友達の基準を図ることなどできません。

ひどい時は心無い裏切りを経験することでしょう。

もし、あなたに大切な友達と言える人がいるのならば、その人を大事にしてあげてください。

私は友達がいませんが、友達がいなくても死なない、これが一番だと考えています。

もしかしたら、これからできるかもですが・・・今のところ、私は生きております。

あなたの友達は、あなたにとって大切だと心から思える人ですか?


タイトルとURLをコピーしました