仕事やお金に対する考え方が合う人がおらず、孤独感を感じてしまう

【読者投稿】孤独の悩み体験談

こんにちは、早川です。

今回は、30代男性からいただいた孤独の悩みエピソードです。


仕事やお金への考え方で、周囲の共感を得られない



私は他人との考え方の違いに孤独を感じます。

中でも仕事やお金に関する考え方に対して、これまで共感を得られたことがあまりありませんでした。

まず、仕事に対する考え方についてお話します。

私は仕事というものは会社に利益をもたらすために行うものと考えております。

そして、その対価として給与をいただいております。

しかし、ほとんどの人は時間に対する対価と考えがちです。

1日嫌な仕事を我慢したから受け取れるものと考えられているかもしれません。


それは転職してもどこも同じだった



何度か転職しましたが、これまで時間対価と考える人が多かったためでしょうか、利益を追求することが重要なのに、決められたマニュアルどおりに仕事をすることが重要であるという、目的と手段が逆転した現象を何度もみかけました。

私はどのような立場でも、利益が見えたらマニュアル外のやり方を提案しますが、ほぼ反感を買って私の考えたとおりに仕事をすることができませんでした。

余計な仕事を増やされたくないと考えられていたのでしょうか。

もちろん私の言い方や周りを納得させるだけの技量がなかったということもありますが、こういうことが続くと「私は普通の人と考え方が違うんだなあ」と孤独を感じます。


1万円は1万円なのに・・・



次に、お金に対する考え方についてお話します。

お金は資本主義社会に生きる上で、絶対に必要なものです。

すべてではないものの、お金があることで多くのことが解決できます。

お金を得るやり方として、一番メジャーなのは企業へ就職して働くことです。

それ以外にも相続や株式や不動産投資、ギャンブルで勝てた場合もお金を得ることができます。

これらで得たお金は、例えば1万円ならすべて同じ価値です。

ところが、ほとんどの人が会社へ出勤して仕事をし、その対価で得たお金以外は価値がないものと考えがちです。


両親の老後を心配してお金の助言をしても・・・



私はたとえギャンブルで得たお金だとしても、それが考え抜いた理論に基づいて得たお金なら、十分価値あるものだと思います。

むしろ、損をするのが当たり前の中で利益が出せるというのは、それは立派なスキルです。

基本的に私は両親と仲が良い方なのですが、この部分だけは意見が合わず孤独を感じてしまいます。

これから年金だけの生活が不安だというところに、投資や副業の助言をしても、「できない・分からない・今から勉強するのは無理」と返答された上、投資など危険なことはしないでまじめに会社で働けと言われてしまいます。

さすがに両親には反論できず、少し寂しい気持ちになりました。


この孤独感はこれからも続きそうだ



私は2年前に結婚し、それまで感じていた対人的な孤独はなくなりました。

しかし、考え方の違いにより孤独を感じることはこれからも続くと思います。

特に仕事面では将来独立しようと考えておりますが、今のところ一緒に働きたいと思えるパートナーはおりません。

一人でも仕事はできますが、できれば将来の成功を同じ考えをもった同志と分かち合いたいものですね。


タイトルとURLをコピーしました