結婚して子供が出来れば、孤独とは無縁の生活になると思っていました。

【読者投稿】孤独の悩み体験談



こんにちは、早川です。

今回は、30代女性からの孤独の悩みエピソードです。


独身時代、常に孤独を感じていました



独身時代、友人が結婚し子供が生まれるたびに自分は一生一人なのではないかと常に孤独を感じていました。

当時は仕事漬けの毎日で、早くここから抜け出したいと思っていました。

そこから数年後、現在の夫と知り合い結婚をしました。その後すぐに子供が産まれ、「よかった、私は孤独な人生を抜け出せた。結婚もして子供も産まれて、安定した生活が送れる。もう独身時代の孤独を感じなくて済むんだ」と思いました。

出産を機に会社も退職をし、専業主婦の生活が始まりました。


「安定して孤独とは無縁」な生活からは程遠かった



しかしその生活は、私が思っていた「安定し孤独とは無縁」という生活とは異なっていました。

24時間365日の子育てがはじまりましたが、夫は夜勤もある仕事で2日程家を空けることも多々あり、子供の面倒はほぼ全て私の役割です。

慣れない育児の上に、夜泣きに対応するために毎日寝不足の日々が続いています。

誰にも頼ることができず、夜が来るのがとても怖くなりました。

薄暗い部屋の中で泣いている子供を一人であやせなければいけないという重圧が物凄く苦しいです。


子供と夫がいるのに、強い孤独感



夫にそれを伝えても「俺じゃ寝かしつけも夜泣き対応も無理だよ。それに明日も仕事があるし、やってよ」というばかりで全く協力をしてくれません。

最近は歩けるようになったのと後追いが始まったこともあり、トイレでさえも子供が追いかけてくるので一人で一息することもできません。

独身時代とは違い常に子供と夫がいる状況なはずなのに、強い孤独を感じています。

それは家の中という狭い世界で、子供に対しての責任を全て自分が負わなければいけないという緊張感、そして自分一人で誰にも頼れないんだと感じているからだと思います。


社会的にも孤独を感じています



また、会社を退職し外への繋がりがなくなったことで社会的にも孤独を感じています。

あれほど辞めたかった仕事なのに、いざ離れてみると社会との繋がりが絶たれてしまったんだなと思うようになりました。

会話ができるのは夫のみ、なかなか友達と会うこともできず、色々な話題から自分だけ孤立している感じがします。

毎日テレビを見ているので世の中のニュースはわかりますが、自分の家の中と世の中の間に隔たりがあるように感じるようになりました。

仕事をしながら、合コンをしたり一人でカフェに行っている友達を見るととてもキラキラして見えて、家でパジャマのままブヨブヨになった自分のお腹を見ると、社会から抜け出てしまったんだと感じます。


孤独とは無縁の生活ではなかった



独身の友達にとっては結婚し子供もいる私を見て、孤独とは無縁の生活を送っていると思っているのかもしれません。私もそう思っていました。

しかし実際にはそうではなく、結婚し子供がいるからと言って幸せで孤独ではないということではないのだとわかりました。

きっとこの孤独感は、家を出て一人の時間を作ったり、仕事をして家族以外の人との繋がりを作らなければ解決しないと思います。

あと何年この生活が続くのか。自分で脱するように今後奮闘をしていかなければならないと思っています。


タイトルとURLをコピーしました