上下に板挟みにされている管理職はとても孤独です

【読者投稿】孤独の悩み体験談

こんにちは、早川です。
今回は、30代女性からいただいた孤独の悩みエピソードです。
 
 

若い女性管理職=社長の愛人

 
私は大学卒業後、現在の会社に就職し、ずっと営業職を行ってきました。

お陰様で順調に結果も出し、その評価もあってか、25歳で管理職を任せていただきました。

「若い女性」ということもあり、当時は「そんな若いのに役員なんて…社長の愛人か?!」というとても傷つくことを言われたこともあります。

若い女性管理職=社長の愛人、、そんなイメージが世の中にはあるのでしょうか?

まあ、傷つきはしましたが、そんな声にはあまり反応せずに、過ごしてきました。
 
 

社内での板挟みで孤独になっていく、、

 
そんな中、日々の仕事を行っていく上での悩みは「社内での板挟み」です。

社長と部下との間に挟まれている私は、みんな私へ意見をいいやすいのか、上からも下からも不満を言われて、いつも人の悪口ばかり聞くのは正直つらいです。

社長は何かと私に、社員に対する不満を言ってきます。

見ている方向が社長と社員では違うのでもちろん言っていることは分かります。

そのたびに、どうすればそれを解決できるか?を考え、社員の気を損ねないように柔らかく伝え、改善へもっていっています。
 
 

上も下も言いたい放題ですが、私はどちらの不満も言えません

 
また、部下からは社長に対する不満を言われます。

そのたびに、社長に伝えるべきこととそうでないことを取捨選択し、社長の気を損ねないように改善した方が組織が良くなると思ったものだけを伝えるようにしています。

上と下は言いたい放題ですが、私は板挟みになっている為、どちらの不満も言えません。

もし私が社長の不満を言えば、社員も一緒になって社長の不満を口にし、組織が崩壊するでしょう。

またもし、私が社員の不満を言えば、社員はついてきてくれなくなるでしょう。
 
 

私のような立場の方がよっぽど孤独

 
言いたいことは山ほどありますが、なかなか不満や悩みを打ち明ける場がないので、とても孤独感を感じています。

「経営者は孤独」とよく言いますが、経営者よりも板挟みになっている私のような立場の方がよっぽど孤独だと思います。

また日々仕事も忙しいので、なかなかストレス発散できる場もなく、会社に行くのが億劫になっています。

しかし、管理職という立場を任されている以上、このような「潤滑油」のような役割も私の仕事だと思って日々耐えています。
 
 

管理職はとても孤独です

 
責任感を持って仕事に臨めば望むほど、孤独感は増していきます。

そのうえ私はまだ独身で一人暮らしです。このようなストレスで疲れて家に帰ってきても、家でもひとりです。

今後の自分の人生も考えると、やっぱり結婚もしたいし子どもも欲しいです。

女性管理職は結婚できないようなイメージが世の中にはあると思うので、それだけは避けたいです。

女性に限ったことではないと思うのですが、上下に板挟みにされている管理職はとても孤独です。

タイトルとURLをコピーしました